カテゴリー
SKY STORY お絵描き企画 クリエイター

12月お絵描き企画始まりました

こんにちは。小石のような男です。

今年も残すところ後一か月。どのようにお過ごしでしょうか?

最後まで絵を描いて楽しんでいきましょう!!!

では、12月お絵描き企画の発表させてもらいます🌈




1.キャラクターのパートナーと一緒描こう

・「リード」と「アル」

・「ピース」と「フォー」

どちらかのペア(2人)を描きましょう。

「リード」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-nn

「アル」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-pP

「ピース」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-ov

「フォー」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-qN

私が描いた例を参考に載せます👇

「リード」と「アル」

「ピース」と「フォー」

2.「ナイト」をクリスマス風デザイン企画

ピース相棒の鳥「ナイト」▼ 

ナイトてどんな鳥▶https://wp.me/pbYvU7-LI

クリスマス風にアレンジして描きましょう。

3.SS(SKYSTORY)企画アテレコ

SS企画のアテレコとは?▶https://wp.me/pbYvU7-LU

以上です!

では参加方法、手順、注意点をお伝えします。参加ご希望の方は必ず読んでいただくことをお願いします。

描き方、イラストサイズ、指定はありません。

キャラクター単体、背景付きイラスト、色鉛筆での落書きなどどのような出力法でも大歓迎。




お絵描き企画の参加方法、手順、注意点について

【参加手順】

  • イラストを描く
  • Twitterにて#SKYSTORYをつけて投稿する。

3つの企画があるため、どれに参加したか必ず分かるようにしたいと考えています。

#SKYSTORY以外に

#パートナーと一緒 #相棒ナイト 

イラスト1枚投稿につき、上記3つのハッシュタグのうち1つ。必ずつけて投稿お願いします。

【参加条件】

・Twitterアカウントを持っている方

・YouTubeライブにて作品を紹介しても大丈夫な方

・小石のような男pixivアカウントをフォローしてる方

↓のリンクからフォローできます。▶https://www.pixiv.net/users/10364942

この3点の条件をクリアした方です。

【参加(投稿)期限】

12月1日~12月31日まで。

期限厳守をお願いします。




【最後に小石からのお願い】

1枚でも多くのイラストを見たいと思っています。

参加希望される方は、家族や友達、フォロワーさんなど気軽に誘って参加していただきたいです!!

*家族や友達が描いた作品の投稿の場合は、○○作と文章を付け加えて投稿してもらえれば大丈夫です!!!

(例)

家の子供作 サンタクロースの格好をした鳥 #SKYSTORY  #相棒ナイト

今月もたくさんの参加お待ちしております🌟

それではまた次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
クリエイター 教育 未分類 知識

継続するために私たちができること

こんにちは。小石のような男です。




創作活動において、一日だけで何かを成し遂げることは難しいです。

そのため、自分が行っている活動を継続的に打ち込む必要があります。

しかしどうでしょう?

何年、何十年と人生かけて打ち込む必要がある場合、自分の心情や周りの環境が変わってきます。

金銭面、健康、家族など様々な外的要因で続けることが困難になってくる可能性もあります。

そこで今回は、継続出来る体制をしっかり作っていこうというテーマです。

*作品創りを死ぬまで続ける理由についてはこちらの記事で語っています▶https://wp.me/pbYvU7-I7




継続のコツ:時間配分が大きなカギ

人生の核、時間を消費するものを分類するなら

学習、仕事、余暇、生活(家事、子育て、睡眠など)

主として大きく4つに分けれます。

(学生であれば、仕事を除く)

この4つの配分を誤ると、継続が困難になることを覚えておきましょう。

理由は、どれか不足すると問題が生じ、継続を断念せざる負えないからです。




不安が邪魔をするトンネリング効果について

トンネリング効果とは?

重要な資源が枯渇していると、その不安に思考を支配されて直近のことしか考えられなくなる。

頭の処理が目先の問題で手いっぱい。状態ということです。

問題が起こる理由として時間配分を間違えている可能性があります。だからこそ目先の考えられる問題を先回りして潰しておきましょう。

例えば、健康状態

仕事が忙しすぎて食生活、睡眠がとれていない状態が続けば病気になる可能性が上がる。→継続が困難となる

これは仕事に時間を振りすぎている結果から起きた問題でしょう。

一例にすぎないが、好ましくない状況、事態が起きたときにすぐに窮地に陥らないこと。

将来も継続できるような体制、予防を盤石におきましょう。

そのために時間配分を間違えないことが先決です。

カテゴリー
SKY STORY クリエイター 教育

SKYSTORY計画(文章構築&設定資料制作 編)

こんにちは。小石のような男です。




今回の記事は、「ブログ記事の内容ついて」×「SKYSTORY」物語について

を織り交ぜて、今後どのように公表していくかをお伝えしていきます。




言語化することの難しさ(ブログについて)

「SKYSTORY」物語詳細についての前に、、、

「自分の心にある思い、自分の学んだこと」を表現することの難しさについて先にお伝えしたいと思います。

私は、(小石のような男)このブログを通じて、自分が学んだこと、自分の思いを文章(言語化)してお伝えしてきました。

*絵描きだった私が(小石のような男)ブログを始めた理由については別記事にて述べてます。下のリンクからご覧ください▼

https://wp.me/pbYvU7-Ei

しかし、時々疑問が浮かび上がってきます。

断片的なことだけで、奥深くまでこのブログに書けていたか?本当に全てを伝えられていたか?

と言われたら正直自信はありません。

伝えたいことをしっかり記事に残せてるのは5割(半分)ほどのような気がします。

ブログを100記事以上書いてきたからこそ、体感として分かることなのかもしれません。

そのうちの半分は、

・言語化が上手く出来なていない。(記事として形に残せていたとしても文章が読みにくいものも含む。)

・文脈がそもそも読みづらい

・私自身がそもそも完全に理解できていないからこそ、分かりやすく伝えられない可能性

・伝えたいことが多すぎて、うまくまとめられない

他にも様々な要因が考えられるため、挙げればキリがないかもしれません。

記事というのは、全てが自由(制限がない)だからこそ、正解がない、混沌の世界だと感じています。




「SKYSTORY」作品こそ一縷のの望み

前置きはここまでです。ではこの残り5割、半分を埋めるためにどうするか?

解決策として「SKYSTORY」の物語で伝えよう。

と考えました。このブログ記事では伝えきれなかったこと、これらを物語にのせて感じてもらう。行間を読んでもらう。

これこそ、今の私(小石の)なら出来るのではないか、挑戦すべきではないかと思ったので

来年3月までに「SKYSTORY設定資料集」というのを創りたいと思います!!!

ストーリーの大枠を理解できるよう形創り、販売を目指したいと思います!!!

また、これからの報告や、作業報告は随時、ブログ記事でお伝えしていくのでお楽しみにお待ちください。

諦めず、思いを伝えること、役に立つ情報を発信を続けていくので今後ともよろしくお願います。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
クリエイター 教育 知識

得たスキルを手放すことで(アンラーニングについて)

今年も終わりに近づく中、身につけたスキルは何だろう?

と考えていた小石のような男です。




毎日欠かさず絵を描く、ブログ記事を書くことを続けきました。その中で、一番身につけることができたスキル。

それは観察力でした

*実は、少し前の記事にて「クリエイターに必要なものは?」というテーマで観察について書きました。下のリンクからご参照ください。▶https://wp.me/pbYvU7-EI

今回は、私(小石のような男)の実体験をもとに振り返っていきます。

観察力の向上に寄与する

一度持っているものを捨てたことで、観察力が向上したと実感しています。




*観察力とは?

無意識に行っている行為を、すべて意識下にあげること。

をここでは定義します。

観察力は目に見えない感覚でしかないからこそ、この説明では、分かりづらいですよね。

私はあくまでクリエイターの中でも絵描き、作品創り(SKYSTORY)を中心に活動しているので、絵に表れます。

今年も何回も立ち止まる(感情、行動面両方)ことがありました。そこで、あえて再スタートを決意したのです。




再スタートを考えてみよう

再スタートをすることは、とても怖くて、大変なことです。

今までの習慣は、(感情、行動含む。)脳が疲れないようにするため、出来る限り同じことを、無意識にすることが多いからです。

例えば以下のような

・前に起きた嫌な出来事が再度起こる→無意識に不安になる。(感情面)

・今やっている当たり前なこと→普段やっていることだから何も考えなくても取り掛かり、進められる。(行動面)

などです。

我々は、行動面においては、学習(頑張り)によって常に意識から無意識に出来るように頑張ってきました。

それ自体別に悪いことではありません。

①脳が楽できるからこそ、長時間取り組める

②直感やセンスとは、思考が無意識化に置いてこそ(たくさんの学習、努力があってこそ)様々な仮説が思いつきやすくなる

まさにセンスがいい人とはこういった人たちだからです。

しかし、時と場合によっては(最大限にその物事を極めた、突き詰めた)場合、再スタートをきる(今までの頑張りを一度捨ててみる)という手もありだと私は思います。

これをすることで、無意識に出来たことが出来なくなる。つまり意識化にあがってきます。

これぞ、まさに最初の定義で述べた観察しているということになります。




小石の実体験を参考までに(アンラーニング)

私(小石のような男)も得てきたものを、あえて捨ててきました。

一番初期の記事を見てもらうと具体的な絵の描き方(自然や人物等)を解説をしていました。

それをあえて捨てました。

捨てた理由についての記事も書いてあるのでよかったらこちらも一緒にご覧ください▶https://wp.me/pbYvU7-Ei

新たに絵描きさんを含め、クリエイターの方に向けて、少しでも知ってると、創作活動の役に立つ内容を伝えよう。と決心しました。

他にも絵の描き方を変えるなど、再スタートしました。これこそが「アンラーニング」

再度学習をして、別で活用することを意味しています。

例を挙げると、たくさんありますが、今年これを繰り返してきたことによって観察力を自然に鍛えられたのではないかと思っています。

いかがだったでしょうか?

前回もそうですが、記事で伝える内容としては少し難しかったかもしれません。少しでも理解してくれたら幸いです。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
お絵かき講座 クリエイター 教育

作品を創り続けることの価値について(ビジネス編)

こんにちは。小石のような男です。




作品を創り続けてるクリエイター全ての方(イラスト、動画、音楽、ゲーム等)に向けて、質問を1つ投げかけたいです。

作品創りに終わりがあると思いますか?

ある。ない。と意見が分かれるのではないでしょうか?

私は(小石のような男)「作品創りに終わりはない。」と考えています。

もちろん区切りはあると思います。(1つのテーマを完成)

さらに終わらせること(1つ創り上げたらそれ以上別のものを創らない)もできると思います。

・完成したら次はそれ以上の素晴らしい作品創りへ。

・もしくは完成したものをアップデートへ。

などなど、このような視点から見ると、終わりがないように見えませんか?

・そこまで深くは考えてなかった。

・楽しくても、続けられる自信がない。

という方に特に読んでもらいたいです。なぜなら、今の時代に適している(活躍できる)からです。好きでいる以上やめないことをオススメします。

前置きはここまでにして。なぜそう言い切れるのか?それをご説明していきます。




創り上げたモノには価値がある可能性を秘めている

昔は形あるモノの時代。いい形あるモノ(デザインや技術)を創れば売れる時代でした。

しかし今、これからは、形のないものが売れる、重宝される時代になってきます。

創り上げた形のないものとは?

投げ銭(スーパーチャット)やクラウドファインディング、音楽、動画、デジタルイラストなど(ブログ記事も含まれてます)が重宝されます。

何が売れるか、世間の評価が得られるか分からないからこそ、色々試す(色々な作品を創る)価値があります。




作品創りに終わりがないからこそ楽しめる

では、最後にエンタメの時代、感情を動かす時代が到来したことの他、以下の2つの理由をつけ足して記事を終えたいと思います。

①人生100年時代に突入したことによって人生の時間をたくさん費やせる。作品創りは半年、一年でいいものが出来上がるケースは少ないですが。(天才は別として)

②創った作品は、永久に残り続ける。決して消えることがない財産になる。(+過程が次の作品に活かすことが出来る)

だからこそ作品の創り手に価値があり、楽しむことが出来ると私は本気で思っています。

いかがだったでしょうか?

今日からの創作活動の役に立つ記事であれば幸いです。

次回の記事でお会いしましょう👋