カテゴリー
pixivFANBOX SKYSTORY イベント コミティア

関西コミティア参戦決定(告知)

こんにちは。小石のような男です。




今回の記事はタイトルにもあるとおり、

本記事テーマ

9月に開催される関西コミティア参加決定しました。(パチパチ👏)

サークル名:(株)ブラック企業SKYSTORY

にて参加します。

では、コミティアの詳細、コミティア参加の目的についてご紹介したいと思います。

コミティアの詳細・開催場所日時

💡コミティアの特徴として

・誰でも自由に参加、見学ができる。

・気に入った作品があればその場で購入できる。

・創作者と交流を楽しめる場

コミティアに応募して、参加する多くの方は 、自己の作品の発表を目的とし、作品を販売することを指します。

他の方の作品に触れることもでき、刺激がもらえるきっかけの場所にもなっています。

私(小石のような男)は、『SKYNOTE』を先行販売させてもらいます。

💡開催場所・日時

関西コミティア65

開催場所 京都パルスプラザ 大展示場

日時 2022年9月19日(月)11時~15時




小石のような男の作品について

私の販売する作品を簡単に宣伝、ご紹介させてもらいます。

【販売する本の概略】

『SKYNOTE』というタイトル本を販売させてもらいます。

内容は、これまで描いてきた挿絵をまとめた、SKYSTORYのノートです。🎨

小石が創作する『SKYSTORY』のあらすじはこちら▶https://wp.me/pbYvU7-Tq

この本を開けばより詳しい設定や世界観に触れることができます🌎

【こんな方にオススメ】

・京都なら行ける!その時間ちょうど空きがある!コミティアに興味がある!

・小石のような男に会ってみたい!会って交流してみたい!

・企画に参加された方で『SKYSTORY』の作品を実際に手に取って見たい!

・『SKYSTORY』についてもっと知りたい!

ぜひ遊びにきてほしいです🚙(もちろんそれ以外の方も大歓迎)

お待ちしてます👍

では最後に、

・なぜ今回もコミティアに参加するのか?

・コミティアを通じてどのような活動をするのか?

について詳しく述べていきます。




オフ会を通じて作品普及活動

ブログをいつもご覧いただいている方で、私の作品をご存じの方が多いとは思いますが『SKYSTORY』です。

普段の活動は、SNSで『SKYSTORY』を通じて創作の楽しさ、可能性を広めています。

そして今後、SNS以外にも『SKYSTORY』を普及させていきたいと考えています。

この一年半、SNSを中心に普及活動を行ってきました。

・色んな創作者さんの作品を見てみたい。実際会って話をしたい。

・『SKYSTORY』の魅力を伝えたい。

以上のことから第三回目の参加を決意しました。

『SKYSTORY』を知って下さる方、ファンの方とオフ会をしてみたいという思いでした。

コロナ渦という社会情勢の中、オフ会は難しいと思います。

ならせめても、コミティアというイベント内だけでも考えました。

本記事まとめ

これからもしばらくメインは、オンラオイン活動にはなりますが、年に数回は、創作者間でイベントを提供していきたいです。

それでは9月19日敬老の日でお会いしましょう👋

たくさんの方にお会いできることを楽しみにしています。

カテゴリー
pixivFANBOX SKYSTORY

SKYSTORY(木の下で起きる物語)

こんにちは。小石のような男です。




先日の「pixivFANBOX」にて、『SKYSTORY』に関する掌編小説を投稿させてもらいました。

そこで今回

本記事テーマ

SKYSTORYの一部シーン紹介📚

せっかくなので「pixivFANBOX」だけでなく、

小石の庭の方でも少しご紹介していきます。

掌編小説

物凄く広い草原。

そこには草原以外の何もなく、あるとすれば限りなく広がる空だけ。とても不思議な空間だ。

空を見上げると沢山の雲があり、雲の中に何か蛇のような影が見える。

「どこだここは……。」

リードは夢うつつで歩いていく。

時々あるこの感覚。

行ったことが無いはずなのに、懐かしく思える場所。

少しずつはっきりする意識、しかしいつものように魔力(マナス)を練ることはできない。

「てことは、ここは夢か………。」

今この場所が夢の中だと確認したリードは、いつものように流れに任せて何者かに導かれるように動く。

NOAHの島にいる時の空気に似たものを感じているものの、見たことが無い景色であることに戸惑いを隠せずにいる。

普段宙を泳いでいるはずの魚のディーノが見当たらず、足元の草の隙間には見たことが無い虫が飛び回る。

そしてそこに待ち受けていたものとは・・・?

続きは、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)に遊びに来てください

https://koishiotoko.fanbox.cc/

また、他の掌編小説、ショートショートなど完成したものは、ご紹介していきます!!!

お楽しみに🌟

それでは次回の記事でお会いしましょう👋




カテゴリー
pixivFANBOX SKYSTORY YouTube

SKYSTORY曲制作

こんにちは。小石のような男です。




先日「pixivFANBOX」ご報告しましたが、小石の庭の方でも改めてご報告させてもらいます。

project

創作メンバーとSKYSTORYの曲を創ります。

SKYSTORYの曲を創りたいとメンバーに、ぼやき続けて早一年。

SSBGM企画(1月SS企画)で猿賞を受賞したRIOさん

仲間に加わって、とうとう小石の念願だった曲作りが今スタートしました!!!✨

初めは創れたらいいなとなんとなく思っていたことがようやく進められるます。
そして今私は、なんとなくイメージして歌詞を創っています。

・制作途中の曲を聴きたい方

・歌詞を見てみたい方

続きは、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

https://koishiotoko.fanbox.cc/

今回は、経過報告のみで短い記事で終わらさせてもらいます。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋




カテゴリー
pixivFANBOX SKYSTORY みんなで創る物語 クリエイター

pixivFANBOX始動しました

こんにちは。小石のような男です。




今回は

本記事テーマ

小石のような男「piviv FANBOX」開設について。

この記事でご報告させていただきます。👏

「piviv FANBOX」について、開設した理由と活動内容をご紹介させていただきます。

pixivFANBOXとは?について

pixivFANBOX(ピクシブファンボックス)は、「クリエイターが月額制ファンコミュニティを自身で作成・運営できるサービス」です。

クリエイター側は、FANBOXを通じて、幅広い創作活動、新しいものを生み出すことができます。

応援しているファン側は、作品づくりのプロセスやファンにしか見せない一面を知ることができ、クリエイターと密なコミュニケーションを楽しめます。




創作者「小石のような男」が生み出すもの

pixivFANBOXについて理解できたけど、小石はここで何を生み出すの?についてご説明していきます。

主に3つ。

①『SKYSTORY』未公開設定

『SKYSTORY』をさらに楽しめるキャラクターや生き物。さらに『SKYSTORY』に存在するエリア地区、世界遺産など。(例として一番上のアイキャッチ画像)

制作秘話になっている誕生までの経緯をご紹介していきます。

②最初のひらめき

私生活のひらめきだけで作ってみた創作物やストーリー。(今後、作品に反映させるか未定のもの)。

③様々なイベントの裏側

『SKYSTORY』を通じた様々なイベントの裏側をご紹介。(さらに予定として会員限定イベントを企画)

以上となります。

一つのコンテンツとして(ブログとは異なる)

ブログとはまた違った形のサービス。

作品『SKYSTORY』に特化した別コンテンツとして楽しめる。

創作者向けのサービスを始動させたい

と思って始めたのが大きな理由です。

本記事まとめ

クリエイターとして成長の第一歩。今後も応援して下さる方に楽しんでもらうことを優先にサービスを提供していきます。

ぜひこちらのリンクから小石のpixivFANBOXに遊びにきてみてください▶https://koishiotoko.fanbox.cc/plans




空に生まれたハーフエルフのリード・ベル。 彼の生涯を描く大冒険ファンタジー。

現在進行中のSKYSTORY、その軌跡を追っていく。

“辿る軌跡が歴史となる”『SKYSTORY』の”今”をお楽しみください。

「SKYSTORY」あらすじ▶https://wp.me/pbYvU7-Tq

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
pixivFANBOX SKYSTORY みんなで創る物語 クラウドファンディング クリエイター プロジェクト

企画運営の裏側をご紹介

こんにちは。小石のような男です。




今回の記事は『SKYSTORY』を通じて開催している、

本記事テーマ

企画と本気での向き合い。「お絵描き企画」「SS企画」の裏側について

ご紹介していきます。

お絵描き企画とは?

毎月お題にそった絵を描いてSNSで投稿。その後、共有して絵を描くことを楽しんでもらうを趣旨とした企画です。

・SS企画とは?

お絵描き企画以外の毎月お題にそったジャンル(音楽、動画など)を創りSNSで投稿。その後、共有してクリエイター活動を楽しんでもらうを趣旨とした企画です。

なぜこのような企画を行っているか?についてはこちらの記事をご参照ください👇

https://wp.me/sbYvU7-2021

最後に重大告知もあるので、ぜひ最後までご覧ください!

では、さっそくご紹介していきます。




SKYSTORY普及活動の裏側企画運営手順

お絵描き企画、SS企画を毎月運営するため、莫大な時間、費用を要します。

主な企画の流れとして

①企画を作る。

②告知するためのブログ記事を書く。

③開始後、複数人にお誘いメッセージを送る。

④参加してくれた方全員の作品を必ず視聴&感想を伝える。

⑤複数の企画参加者さんもいるため、分かりやすく表にリストアップする。

企画開催中に①~⑤を行います。

そして企画終了後(参加後)に、

⑥リストアップ漏れがないか再度確認後、YouTubeライブ紹介順番を検討する。

⑦YouTubeライブの構成、セットリストの作成を行う。

⑧YouTubeライブ用の告知ブログ記事を書く。

⑨YouTubeライブ当日に企画参加してくれた方にお誘いメッセージを送る。

➉YouTubeライブ開始。終了後アーカイブを残すための編集作業を行う。

細かいところは省略してますが、この流れを毎月、同時並行で行っています。

*制作してくださった作品は、SSスタッフが引用リツイートにてコメント付きで拡散させてもいます!!

*YouTube Liveで、参加作品を紹介させてもらいます!※時期によって行えない場合もあります。




運営の大変さを通して、企画参加者さんへのお礼

いかがだったでしょうか?

ここまでの努力が出来るのは、参加して下さる方、楽しんでくださる方がいるからこそです。

以下の声もいただきました。

・「企画参加を誘ってくれてありがとうございました。とても楽しかったです」

・「企画を通じて、良い作品が創れました。」

・「企画参加をきっかけに、同じ志を持つ参加者さんと繋がることが出来ました!」

やる価値がある、継続していきたいと思えるようになりました。

裏側を通じて、改めて感謝申し上げます。

ただ、ここで終わるのではなく、さらなる楽しいイベントを開催します。




オンライン個展開催決定(告知)

最後に、企画運営をより大きなものにするため、さらに楽しめる重大な告知をさせていただきます。

それは、、、

「SKYSTORYプロジェクト」クラウドファンディングを通して、オンライン個展を開催することを決定しました🎉

クラウドファンディングでは、

SKYSTORYのスポンサーにあなたもなりませんか?

をテーマに、今年中に募集します。

そして、スポンサーになっていただいた方の作品を、実際会場を借りて展示します。

企画の振り返りとともに、たくさんの方と作品について交流、鑑賞していくというものです。

(スポンサー以外の方も誰でもオンライン参加は自由です。)

*オンライン個展は、YouTubeで行うことを考えています。

本記事まとめ

誰でも簡単に参加出来るのオンライン個展&SKYSTORYスポンサーを募るためのクラウドファンディングを行うことが決定。

個展の詳細については、クラウドファンディングサイトや、別途ブログ記事で今後お伝えしていきます。

楽しみお待ちください🌈

「面白い、役に立つ」と思われた方は、ぜひ小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

https://koishiotoko.fanbox.cc/

それでは次回の記事でお会いしましょう👋