カテゴリー
SKYSTORY お絵描き企画 みんなで創る物語

2022年2月お絵描き企画

こんにちは。小石のような男です。

・コンセプトアート企画が難しい方

・初めてお絵描き企画に参加される方

に向けて、突然ですが、緊急企画を開催します!!




バレンタインデー企画

今月のイベント行事である、、、

バレンタインデー・キッス~♬

ということで緊急にお絵描き企画として告知します。

『SKYSTORY』全キャラクター×バレンタインデー要素

のイラストであれば何でもOKです👍

初めて参加される方へ

・『SKYSTORY』て何?▶https://wp.me/pbYvU7-Tq

なお、企画参加される方は、下記のキャラクター設定をご参照ください👇

「リード」てどんなキャラクター?

https://wp.me/pbYvU7-nn

「イルミ」てどんな鳥?

https://wp.me/pbYvU7-N5

「ピース」てどんなキャラクター?

https://wp.me/pbYvU7-ov

「ナイト」てどんな鳥?

https://wp.me/pbYvU7-LI

「アル」てどんなキャラクター?

https://wp.me/pbYvU7-pP

「フォー」てどんなキャラクター?

https://wp.me/pbYvU7-qN

「アカシア」てどんなキャラクター?

https://wp.me/pbYvU7-D3

描き方、イラストサイズの指定はありません。

描きの指定はありません。キャラクター単体、背景付きイラスト、色鉛筆での落書き、授業中の落書きなど、なんでも大歓迎です。

【参加手順】

①イラストを描く

② Twitterにて

#SKYSTORY #SSバレンタインデー

のハッシュタグを必ずつけて投稿していただくようお願いします。

・Twitterアカウントを持っている方

・YouTubeライブにて作品を紹介しても大丈夫な方

この2点です。

【投稿時期】

2月14日に投稿お願います🍫

どうしても都合がつかない方は、2月28日最終日にお願いします。




【最後に小石からのお願い】

1枚でも多くのイラストを見たいと思っています。

そこで家族、友達、フォロワーさんなど誰でも誘って一緒に参加していただきたいです!!

*自分以外が描いた作品を投稿する場合は、「○○作」と付け加えて投稿してください。

<例>

(友達作)こんなチョコレートのあげかたをしてみたい

#SKYSTORY  #SSバレンタインデー

たくさんの参加お待ちしております。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
クリエイター 教育 知識

新しいことへ挑戦し続ける

こんにちは。小石のような男です。

今年も面白い企画、コンテンツ制作のため、裏で色々挑戦しているこの頃です。

決まり次第ご報告していくので楽しみにしててください。

ということで、これに関連して今回の記事は新しいことに挑戦するときの注意点についてです。

挑戦する前に、何を把握しておけば、失敗の可能性を低く出来るのでしょうか?

最後までお付き合いいただけたら幸いです。




適切な難易度設定からチャレンジする

新しいことを挑戦する際、私たちがすでにもっている知識を使って行動します。

その学習分野について、何を知っているのか? どんな前提知識があるのか?例えば

(例)動画制作にチャレンジしたい。

今知っていることは?→動画編集ソフトにAdobeがあることを知っているだけ。(Adobeの使い方は全く分からない。)

これが前提知識に該当します。

では何の知識がすぐに必要?

→他の編集ソフトの種類は何があるか?

→初心者向けで簡単に使える編集ソフトは?

今自分がやろうとしていることに対し、何が必要なのかを明確に把握しましょう。

何から手を付けていいのか。ぜひ自分の立ち位置を把握しつつ、探していきましょう。




スモールゴール:レスポンスの速さ

次に大事なのは、レスポンスの速さです。

つまり「結果がすぐに出ることをやる」を目標にしましょう。

メリットとして

①結果から自分が今何を知れたかが分かる

②すぐに結果があらわれ、楽しく、モチベーションの維持につながる

です。さきほどの例を続けると、

まずはテロップ(字幕)を入れる編集を出来るようにしよう。

以上です。

これだけ?て思われる方もいるかもしれません。

これ以上の目標は、テロップが入れれるようになってからまた決めましょう。

すぐに出来そうなことで、とどめておくことが重要です。




いかがだったでしょうか?

知識ゼロからの挑戦について述べてきましたが、知識が多少ある方も同様です。

①自分は何を知っているのか?

②知っていることを使って、一番最初に学べぶべきことは何か?

この幹をしっかり考えておくと、自然に枝葉を伸ばせます。

そしてより強固な使える知識になること間違いなしです。

「挑戦する内容の選び方」という記事も一緒にご覧いただけるとより迷いが減ると思いますので、下のリンクからぜひ。

https://wp.me/pbYvU7-PD

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKY STORY SS企画

12月SKYSTORY(SS企画)

こんにちは。小石のような男です。




ありがたいことに、お絵描き企画も無事一周年迎えることが出来ました。

毎月参加してくれる方、楽しみにしてくれる方、手伝いをしてくれる方があってこそです。

感謝の気持ちと一周年を記念として、新たな企画を(お絵描き企画とは別)スタートしたいと思います。




音声企画(アテレコ)

キャラクターの声を録音し、投稿してもらうというものです。

キャラクターは以下の7体です。紹介記事のリンクからご覧ください。

「リード」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-nn

「アル」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-pP

「ピース」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-ov

「フォー」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-qN

「リーヴ」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-DB

「アカシア」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-D3

「エボル」どんなキャラクター?▶https://wp.me/pbYvU7-N5

これらのキャラクター設定の記事の最後にセリフ集をご用意しました。

設定とセリフ集を読んでもらい、

・このキャラクターならこんな声色かな?

・このキャラクターなら話す速度はこれぐらいかな?

など考えてセリフを読み上げてもらいたいです!!!

そして録音した声を、私(小石のような男)含め「SKYSTORY」のファンが聞きたいと思ってます。

・お絵描きは難しいけど、声なら出せると思った方

・声優を目指しているから練習の場として挑戦してみたい方

誰でもOKです。

それでは参加方法、手順、注意点をお伝えします。参加ご希望の方は一読よろしくお願いします。




SS企画参加方法、手順、注意点について

(参加手順)

①セリフ集の声を録音する。iPhoneの場合は、Twitterの機能で直接投稿可能です。

(例)「リーヴのキャラクターのセリフを投稿します。やぁ、僕はリーヴ。君と同じエルフさ。仲良くしてね。」

*iPhone以外の方について

画面録画でセリフをつけたいキャラクターのイラストを映しながら音声を入れ動画作成。

②Twitterにて以下の2つのハッシュタグをつけて投稿する。

#SKYSTORY #SSアテレコ

(参加条件)

・Twitterアカウントを持っている方。

・YouTubeライブや今後の動画制作に音声を使っても大丈夫な方。

(参加、投稿時期)

12月1日~12月31日まで。期限厳守

以上です!!!

お絵描き企画との併用も、もちろん可能です!!!

12月のお絵描き企画詳細はこちら👇

https://wp.me/pbYvU7-Jt

一度検討してみてはいかがでしょうか❓

気軽にたくさんの参加お待ちしています🌈

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
お絵描き講座 ブログ復習 教育 知識

11月ブログ記事投稿振り返り(復習)

こんにちは。小石のような男です。

はやくも11月も終わりということで毎月恒例。今月の記事内容からその月学んだことを一緒に復習しよう

というテーマで書いていきます。

最後までお付き合いください。ではさっそく👏




普段何気なくやっていること

普段の習慣は、脳が疲れないようにするため、出来る限り同じことを、無意識(何も考えず)にすることが多いと思いませんか?

私たちは、行動面において、学習すること(頑張ること)によって常に意識から無意識に。つまり楽が出来るように頑張ってきました。

直感やセンスがいい人とは、思考を無意識化に置いてこそ(たくさんの学習、努力があってこそ)様々な仮説が思いつきやすくなります。

なので、センスを鍛えるためにも、学習することはとても大事なことです。




あえて楽な道からはずれてみよう

ただ、たまには無意識でやってることにも意識を向けてあげてみてはいかがでしょうか?

無意識に行っている行為を、すべて意識下にあげる。

そうすることによって普段見えなかったもの。

普通に生活していたら見落としていたもの。

に気づけることが多くなります。

息詰まっているときこそ、観察の対象にあげるということです。

自分がまだ気付いていないこと、いわゆる視野を広げてこそ、斬新で、面白い、ワクワクする作品が創れます!!!

再度創り上げたものは、とてつもなく強固な物で独自性の高いものになります。

他にもクリエイターにとって大事なことや、観察についてを11月記事にまとめてあります。

こちらもぜひご覧ください(/・ω・)/

クリエイターにとって必要なこと(前編)▶https://wp.me/pbYvU7-EI

クリエイターにとって必要なこと(後編)

https://wp.me/pbYvU7-Fv

観察力を鍛える

https://wp.me/pbYvU7-Hw

今日からの創作活動の役に少しでも立ちますように🌟

では次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKY STORY お絵描き企画

11月お絵描き企画始まりました(リメイク)

こんにちは。小石のような男です。




今月も始まりました。お絵描き企画の発表させていただいきます。

題してお絵描き企画「リメイク編」です👏

お絵描き企画も初めてもうすぐ一周年を迎えようとしています。

始めたころは知名度が低く、過去のお絵描き企画の内容についてを知らない方がたくさん出てきました。(古参の方以外)

「当時知っていたら参加したかった。」や「その月は、たまたま忙しくて・・・今だったら参加したい。」などの声をいただきました。

そこで今月は、新しいお絵描き企画ではなく、過去に行ったお絵描き企画をもう一度開催することにいたしました。

そのリメイクが3月に行ったお絵描き企画です!!!

今年3月に行ったお絵描き企画詳細記事が残っているのでこちらも良ければ一緒にご覧ください▼

https://wp.me/pbYvU7-dL




お絵描き企画の詳細について

①植物デザイン企画

②「SKYSTORY」に出てくるお馴染みの鳥(エボル)をデザイン企画

③SKYSTORYキャラクター着せ替え企画

この3つです。

なお今月はリメイクのため、11月企画は引用リツイートは行いません。12月にてYouTubeライブのみ、イラストの紹介&感想をお伝えしたいと思ってます。

その他、大きな変更点はありませんが、参加イラスト、参加手順、参加条件があるので、ここから先はしっかり読んでいただくことをお願いします。

【参加イラストについて】

描く方法、イラストサイズは、特に指定しないため何でもOKです!キャラクター単体、背景付きイラスト、色鉛筆での落書き等どのような出力法でも歓迎。

【参加手順】

  • イラストを描く。
  • Twitterにて#SKYSTORYをつけて投稿する。

ただし、3つの企画があるため、どれに参加したかが必ず分かるように#SKYSTORY 以外に

#着せ替え #植物 #エボル

イラスト1枚投稿につき、上記3つのハッシュタグのうち1つ。どれかを選び必ずつけていただくようお願います。

ハッシュタグにさえ注意していただければ、複数企画に参加も大歓迎!!!

【参加条件】

・Twitterアカウントを持っている方

・企画終了後、動画(YouTubeライブ)にて、参加作品を紹介しても大丈夫な方

この2点です。

なお、12月からのお絵描き企画は、参加条件に小石のような男のpixivアカウントをフォローしていただいた方限定を考えております。もしよかったら今のうちに下のリンクからフォローのほどよろしくお願いします。

https://www.pixiv.net/users/10364942

【参加(投稿)時期】

11月1日~11月30日までの期限厳守とさせていただきます。

決められた期限後の投稿は、私がイラストの確認できない(確認漏れが起こる)ため固くお断りしています。

【最後に私(小石からのお願い】

1枚でも多くのイラストを見たいと参加者さん含め私も思ってます。なのでぜひ参加希望される方は、家族や友達など誰でも誘って参加していただきたいです!!!

*家族や友達が描いた作品の投稿の場合は、○○作と文章を付け加えて投稿してもらえれば大丈夫です!!!

【家族のうち子供が描いた例文】

家の子供作 SKYSTORYの世界にある植物ナタリス(ポポノア)#SKYSTORY #植物

のような形だと、見やすく、紹介しやすいためご協力よろしくお願いします!!!




今月もたくさんの参加お待ちしております🌟

それではまた次回の記事でお会いしましょう👋

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー
SKY STORY SKYSTORY計画 みんなで創る物語

お絵描き企画運営の変更について(重要なお知らせ)

こんにちは。小石のような男です。




11月スタートということで、10月に行ったYouTubeライブを見ていただいた方、10月のお絵描き企画も好評(推計だと過去最多枚数)で参加していただいた方へ。改めて本当にありがとうございました。

ここまで運営が続けてこれたのも、皆様のおかげです。

YouTubeライブは、下にアーカイブの動画があるのでまだ見てない方はぜひ👇

他、10月にてお絵描き企画のお手伝い募集の件についてもご報告&お礼をしたく、今回記事にさせてもらいます。

募集についての記事はこちら▶https://wp.me/pbYvU7-FT

ただ、引用リツイートのお手伝い募集の件のみ一旦、10月にて締め切らさせてもらいました。




引用リツイートとYouTubeライブにて感想を伝えたい

お絵描き企画参加が初めての方にまず引用リツイートについて簡単に説明させていただきます。

引用リツイートをすることで、参加者さんのイラストを色々な方に紹介できると同時に、文章もつけて投稿できるため文章にて感想をお伝えするというものです。

これを私(小石のような男)一人で当初行っていましたが、参加人数が増えてきたことによって、他の方にお願いすることにしました。

そして、私(小石のような男)は、YouTubeライブにて感想を伝えるという変更。

小石や新緑の猿Twitterにて「手伝いしたいです。」とたくさんのDMいただき本当にありがとうございます。

DMをいただいた方の中で、今回は3名の方を選び、引用リツイートをお願いすることに決定いたしました👏(パチパチ)

まず、動画を普段ご覧の方ならご存じ、新緑の猿さんです。

そしてここからは、DMをいただいた中からお願いしたお二方になります。

一人目は、奈雲さんです👏

続いて二人目は、るうさんです👏

奈雲さん、るうさん、本当にありがとうございます。そしてこれからよろしくお願いいたします(._.)




まとめ

最後にまとめます。小石のような男アカウントでは引用リツイートは行わいません。上記で紹介した3名のアカウントで引用リツイートをします。ただしYouTubeライブ(声)にて直接感想を伝える。

簡単に言えば分担することに決定しました

そして、11月から新体制として、さらなる楽しく、盛り上がれる企画運営を継続するため精進していきたいと思います。

*11月企画の詳細記事について▶https://wp.me/pbYvU7-Iq

そして引用リツイートお手伝い募集は締め切りましたが、他にも裏での運営維持のためお任せしたいことがたくさんあるのが現状です。

なので「困っているなら何か手伝いたい」や「自分ならこんなことが出来るから一緒にやりたい」という募集は(新緑の猿アカウントのDMにて)常に行っています!!!

新緑の猿アカウント▶https://twitter.com/taka060917

手伝いしていただいた方に後悔させないように頑張りたいと思いますので応援のほどよろしくお願いいたします。

今日からの創作活動の役に立つことを願っております🌈

カテゴリー
お絵描き講座 教育 知識

才能を最大限に発揮する方法について

こんにちは。小石のような男です。




突然ですが質問です。あなたが力(能力)を発揮できるときは、どんな場面でしょうか?

抽象的な質問なので、様々な答えがあるかと思います。

・大切なひとの人のため

・大事な勝負時、試合中

などなど。そこで今回の記事は、人との関係性によって力(能力)の発揮できる度合いが変わる

というところに焦点を当ててお伝えしていきます。




個人ではなく複数人で行う必要がある

今回は、個人で何かをする時ではなく、誰かと協力したり、何かを遂行するにあたって発揮する力、能力について詳細を述べますので注意してください。

生きていくうえ、何かの目標を叶えるうえで、個人一人でというのは中々難しいというのが前提です。

ここまで書くと、結論が推測できるかもしれません。そうです。

能力というのは、100%固定できるものはなく、人間関係の中で発揮できたり、できなかったりする。

軸がブレる」というのが、今回一番伝えたかった事実になります。

なぜ自分の持っているスキルや得意なことが変わらないのに、こんなことが起きるのでしょう?

これを一緒に紐解いていきましょう。




人間関係の複雑さから生じる力の幅

その理由は、複雑な人間関係があるからと一言で答えは出てしまいます。

なぜなら、自分が出来ることや、やりたいことだけやっていればいいのであれば簡単だろう。(邪魔さえされなければ100%普段通りの力が発揮できる)

しかし、話はそんな簡単にはいかないでしょう。

同じ集団の中には、自分が得意としていたことが、実は他の人が得意だったり、誰もやる人(得意とする人)がいないから、代わりに自分がやるということがあります。

さらに、賢い人であれば、出る杭は打たれるから能力をわざとセーブしたりと。(ことわざでいえば能ある鷹は爪を隠す。ともいいますね。)

本当に様々要因が出てくるからこそ、関係性、人間関係は大事になってきます。

その人をその人らしくしているのは、その人の能力よりもその人の周りの関係性(どのような人と一緒にいるか)なのだ。

そのため、自分の力、能力が最大限に発揮できる人と何かを一緒にやること、そういった人を自分の中で見つけることが大事になってきます。




面白い作品とは何を指す

最後に余談にはなりますが、面白い作品とはどのようなものでしょう?

これを語る上で答えはない(一つに絞る必要がない)と思っています。

ただ、自分なりの意見が今回の記事と関連してくるので最後に述べたいと思います。

関係性に注目して、顕著に描かれているもの&人と人の関係性からその人(主人公など)のよさ、人らしさを浮かび想像させる作品こそ面白い。

と私は(小石のような男)は考えています。これを読んでる皆様はどのようにお考えでしょうか?

それではまた次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
お絵かき講座 教育 知識

クリエイターにとって必要なもの(後編)

こんにちは。小石のような男です。




クリエイターにとって必要なもの、欠かせないものというテーマで前回記事(前編)を書きました。

前編▶https://wp.me/pbYvU7-EI

前編の復習を簡単に。観察することはクリエイターにとっての基盤となる1つという話をしました。

そこで、観察をするにあたって、観察力を鍛えることの困難さや難しさというのを詳しく後編で取り上げていきます。

この続きは、前編を見た後、読んでいだきたいです。

それではご紹介していきます。




認知バイアスが観察の邪魔をする!?

認知バイアスとは?

心理学用語で、脳の中で何を見ようか先に決めてから、脳が見たいものを観察するように出来ていることを意味します。

そのため、前編でもお伝えしたとおり、認知の後に観察がくる

という順番になるため、自分の中で見えていないものが必ず出てきてしまいます。

そして、物理学者で有名なアインシュタインの言葉に「常識とは、あなたが18歳までに見につけた偏見の塊」だいう名言もあります。

つまり、認知バイアスは、生きていれば誰しも起こりうる現象だと分かりますね。

一例として、ブランド物に興味がある人がいるとします。

その人が相手を見るとき、まずどこの洋服を着ているか、どこのアクセサリーを身に着けているかなど自然に目が行きます。

しかし、ブランド物に興味がない人は、そこに自然に目が行くことはまずありません。

脳から発信(興味があること)→目で見る=観察

このように自分の興味があること、もっと言ってしまえば自分が見たいものしか見えなくなってしまうのです。

さらに別の例で、恐ろしくもあり、不思議と思うような話をしていきます。




過去も変えられる!?

本や偉い人の話で、「今と未来しか変えられないのだから今を頑張ろう!精一杯生きよう」

なんてこと聞いたことありませんか?

半分正解で半分間違いだと思ってます。なぜなら過去も認知バイアスによって記憶が置き換わってしまうからです。

またもや一例を挙げてみましょう。

過去につらい経験をされて今幸せな方だと

「あの過去があったから今幸せなんだ。つらかったけどやりがいあって楽しかった。」

と過去が美化されることがよくあります。

未来によって新しい情報が加わると、見る世界(観察の対象)が変わってきます。

観察の対象というのが過去に遡り、別の見方に変わるわけです。

当時:つらくて大変で苦しい。逃げたい。

未来(今):つらくて大変で苦しい。逃げたいと思ってたはずなのに→良い経験だった

こう思ったことありませんか?




解決策について

認知が先にあり、その後観察がある。

だからこそ視野が広げられない。似通った作品になってしまいクリエイターの邪魔をしてしまうという話は理解していただけたかと思います。

ではどうすることも出来ないのかでしょうか?

難しいですが、解決策はあります。

それは、物語に触れるです。

現実世界より、物語の中だと認知が変わりやすく、とても実感しやすいからです。

主人公や好きなキャラクターを物語の中で観察してみてください。

・言葉がなく、表情だけで伝える場面

・言葉はあるが、言っていることと表情が少し違っている場面

こういった場面、シーンを見つけて自分なりに考えてみることで、認知が少しづつ変わり、観察力に大きな影響が出ます。

認知を変えることは、クリエイターにとって必要と書きましたが、他の方にも応用が利くと思ってるので、ぜひこの考え方を忘れないようにしてみてはいかがでしょうか?

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
お絵描き講座 教育 知識

クリエイターにとって必要なもの(前編)

こんにちは。小石のような男です。




今回は、絵描きさん含めクリエイターにとって欠かせないものとは?

についてです。クリエイターにとって必要なものと言えばたくさん思い浮かぶと思います。

その中から私(小石のような男)がクリエイターにとって必要不可欠だと思っているものを今回ご紹介させていただきます。

紹介しようと思いついた理由は、今後の制作活動に必要になると感じたことを、ブログを見て下さる方と共有したいからです。

それでは、さっそく本題に入っていきます。




~introduction~すべての基礎に通ずる観察力

「観察してみましょう。」と言うのは簡単。しかし意味として捉えるのが難しい言葉ですね。

そこで観察とは、以下の一連の手順と捉えてみましょう。

①認知する。認知とは?(これから見るものが何であるか選択し、判断する。)

②観察する対象となるものを見る。

③見た結果を再度判断、理解したもの、思ったことを表現(アウトプット)する。

これを無限に繰り返していくことがクリエイターの本質だと考えています。

認知して、観察を行い、表現する。このサイクルの中で今までにないアイディアや想像が生まれ作品を創ることができます。

逆に「見たいものだけ見る。」このようにしてしまえば、似通った、ありふれた作品しか創れないと思っています。

自分がまだ気付いていないこと、いわゆる視野を広げてこそ、斬新で、面白い、ワクワクする作品が創れます!!!

今回の記事について、下記の2記事と一緒に読むとより深く、分かりやすいかと思います。

アイディア力の向上について▶https://wp.me/pbYvU7-BZ

名作を創るのに欠かせない○○▶https://wp.me/pbYvU7-AO




観察力を鍛えるために知っておくこと

では、どのように観察力を鍛え上げればいいのでしょうか?

考え方の1つとして、悪いもの(観察)を避けることができれば、良いもの(観察)になる 

という逆の発想からアプローチして鍛える方法をご紹介します。

悪いもの、観察を邪魔するものは何か?

それについて、次回の記事(後編)にてお伝えさせてください。

後編記事へ▶https://wp.me/pbYvU7-Fv

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY計画

SKYSTORY計画(お手伝い募集について)

こんにちは。小石のような男です。

10月に入り、すでにたくさんの方にお絵描き企画参加していただき本当に感謝です。

それと同時に、私(小石のような男)の中で1つ問題点が出てきたので、急遽お伝えしたいことがあり、記事にしました。

最後までお付き合いいただけると嬉しく思います。




お絵描き企画の過去と現状について

お絵描き企画を始めたとき(当初30人ぐらい?の参加)と比べて、本当に多くの方に知ってもらい、参加していただけるようになりました。

嬉しいと同時に、このままでは、お絵描き企画の運営が成り立たなくなるのではないか?という不安が交錯しています。

その理由として、、、

・私の活動はお絵描き企画を主宰する以外にも、他の絵に関する仕事や「SKYSTORY」のイラスト、ストーリーを創り上げていく必要がある。

・お絵描き企画以外にも「SKYSTORY」計画を進めていく必要がある。

・できるだけお絵描き企画を多く開催したいため、題材の準備(できれば毎月)

これらのことから、到底一人の時間では間に合わなくなってきました。

そこで、解決するためにお手伝いしてくれる方を募集したいと思っています。




手伝い内容の詳細について

特に、お手伝してもらいたいと思っているのが、お絵描き企画に参加して下さる方のTwitterでの引用リツイートです。

改めて説明させてもらうと、参加していただいた方には、引用リツイート(文章)で感想を述べているというものです。

もちろん参加してくれる方の絵を見るのが好きですし、これまで通りライブは、直接感想はお伝えていきます。

維持、運営するためには、お力をお貸し願いたいと思います!

手伝いを募集にあたっての参加条件

・「SKYSTORY」に興味がある方、または私(小石のような男)に興味がある方

・お絵描き企画に参加してくれた方のイラストをしっかり見たい方

この2点のみです!!!

もちろん、いきなり全てを丸投げすることはいたしません。

徐々にでも、少しだけ(数枚)だけでも、無理のない程度に手伝てくれる方、私と(小石のような男)二人三脚で頑張りたい方

TwitterのDMにてお問合せ願います!!!

検討している方、質問のある方(具体的にどのように)など、誰でもお問合せ大歓迎です!!!

詳細についての動画もUPしました!!▼




手伝ったことを後悔させない作品創り

このブログ記事でいつもお伝えしてきていますが、「SKYSTORY」を広めるためには、1人でも多くの力をお借りしたいと思っています。

毎月お絵描き企画開催してほしい!!!

SKYSTORYをもっと知りたい!!!

そう思ってくれる方たちの願いに答えたい。

私の(小石のような男)時間を少しでもそこにつぎ込みたい。

と思いますので、ぜひお力添えよろしくお願いします。

最後にはなりますが、手伝いをしてくれた方、力を貸してくれた方を筆頭に必ず楽しい作品、ワクワクする未来をお見せしたいと思っていますので、今後も応援のほどよろしくお願いします。

今日からの1日が創作活動の手助けになりますように🌈