カテゴリー
SKY STORY お絵描き企画 お絵描き講座 みんなで創る物語

3月お絵描き企画始まりました(告知)

こんにちは。小石のような男です。

3月も中旬にきて暖かい季節になってきましたね。どうお過ごしでしょうか?

私(小石)は、春夏秋冬絵を描き続ける日々を送っておりますが、そろそろ皆さんの描いた絵が見たくなってきました。




そこで今回のブログは、テーマにも書かさせてもらいましたが、SKYSTORYお絵描き企画の告知をさせてもらいます。

(SKYSTORY 何それ?て方がいた場合は、こちらの記事で対談方式で解説しています▼)

まず、お絵描き企画て何するの?て思われた方へご説明させてもらいます。

今回テーマ(企画)を3つ用意しております。この中から「このテーマなら描けるぞ!」や「このテーマなら描いてみたい!」というのを選んでいただき、それを描いてもらい、Twitterで投稿してもらうというものです。

投稿の際には、ハッシュタグ(#○○)をつけてもらうようお願いをしています。私、小石自身はもちろん見させて楽しませてもらう他、参加者の皆さんにも見てもらい、絵描きさん同士の交流も行うというものになっております。

では、早速、企画紹介です!




一つ目は、植物デザイン企画

空の世界は、地上にある植物が進化した植物が多数存在します。 気候、気圧、栄養など地上とは違うので姿形や役割なども違います。

現実的な設定やデザインはもちろん、完全ファンタジックなデザインなど、どんなものでもOKです。さらに 細かい設定を付け加えて投稿、なんとなくデザインしてみた、などなんでも気軽に参加してほしいです。

二つ目は、「SKYSTORY」に出てくるお馴染みの鳥(エボル)をデザイン企画

「SKYSTORY」の世界では、ヒトはみな鳥と共に生きるという習わしが存在します。

設定として、7歳の誕生日を迎えたヒトは、その年の8月10日に村から卵を授かります。

この設定も頭に入れて、想像して描いてみてはいかがでしょう?

そして三つ目は、お絵描き企画は、、、

三つ目は、SKYSTORYキャラクター着せ替え企画

これまで僕が投稿したキャラクター達の服装を自由に変えて描いていただくものです。手順は以下の通りです。

①SKYSTORYのキャラクターを一体選び、服装をデザインしてキャラに着せる。 ②#SKYSTORY をつけて投稿する。

これらの企画については、動画にして皆さんに見てもらう形にしたいと考えてます。YouTubeに投稿したり、このブログでご紹介させていただく場合があります。

(*動画に載せてほしくない方はご連絡ください。)

さらに、猿と小石の二人で最終的に選考して最優秀賞を受賞した方のデザインを僕が完全にSKYSTORYタッチでデザインし直し、物語に登場させる!!! そんな企画になっています。

なお、最優秀賞以外の方の絵を見させてもらうのはもちろん、一人一人の作品に対して、メッセージを送らさせてもらいますので、またそこでお話ししましょう ☆

ここまで読んでいただきありがとうございました。次回の記事でお会いしましょう!

カテゴリー
SKY STORY みんなで創る物語

SKYSTORY~みんなと創る世界~(後編)

こんにちは。小石のような男です。




前編に引き続き、ゲストに梟さんを迎えて、小石のような男が手掛ける「SKYSTORY」の概略についてお話していきます。

(前編記事はこちらから▶https://wp.me/pbYvU7-cX

最後までご堪能下さい。それではどうぞ!!!

王の梟 :では前回の続き、聞かせてください!

小石のような男:もちろんです!

リードは「これからよろしくなイルミ! 俺と一緒に旅していこう。」とイルミに話しかけました。

一緒に空を飛ぶことをきめた夢見たリード。しかしイルミは産まれたエボルは、なんと、空を飛ぶことができないとされる‘‘ニワトリ‘‘の種族だったんです。

ニワトリのエボルが産まれたリードは、「一生俺たちみたいに飛ぶことはできないんだ」とまた皆に馬鹿にされました。

王の梟 :リードに初めてできた友達まで馬鹿にされる。神様は不平等ですよね。

小石のような男:そうですよね。でもリードは、そんなこと気にしません。それより友達ができたことを喜び、たくさんの時間をイルミと過ごしました。

しかしある時、ニワトリのイルミがいつにもなく沈んでいることに気づきました。「どうしたんだ?」「何かあったのか?」そう問いかけると、どうやら自分だけ飛ぶことができないことを他のエボル達に馬鹿にされている。とのこと。

王の梟 :リードだけじゃなくてイルミまで、、

小石のような男:リードは自分と似た境遇であるイルミを元気にしたいと思い、二人で、空を飛ぶ練習をしました。皆に無理だと言われようとも、無駄な努力だと言われようと、無駄な努力だと言われても一生懸命に、毎日飛び続けました。

しかし、エボルの中で飛ぶことができるニワトリは今まで一羽たりともいませんでした。

王の梟 :一羽もいないのに懸命に努力をし続ける姿勢。私たちも参考にしなければならないですね。

小石のような男:まさにそうですね。絵を描くもそうですけど無駄な努力はないと思ってます。

その中で唯一のエボル、イルミだけは飛ぶことができたのです。これはヒトとエボルの絆と2人の数多く努力あってこそ起きた奇跡。

王の梟 : まさにリードとエボルの絆の力ですね。

小石のような男:梟さんまとめ方がお上手です!

リード自身も悪い種族と呼ばれてきた耳長族エルフとのハーフ。であったが

皆のリードに対する視線が変わり、「あいつは別かもしれない」「不可能を可能にしたやつ」と次第に認められるようになりました。

リードだけでなく、ニワトリのエボルであるイルミも、他のニワトリの希望になります。

王の梟 : 飛べるようになったてことはついに・・・

小石のような男:はい。その通りです。飛べるようになった2人は世界を旅し、空の世界は、ものすごく広いこと、エルフ達と人の争いの歴史など、様々なことをこれから知っていくでしょう。

王の梟 : いいですね。続きが気になります。




小石のような男:ここで一つ重大なことを言います。記事のタイトルをもう一度見てください!

王の梟 : タイトル?SKY STORY みんなで創る物語?

小石のような男:その通りですこれは最初の始まりの設定だけでここから、色々付け足していくんですが、私と皆様で協力して創ります。

王の梟 :協力てどういうことですか? 小石さんが作るんじゃないんですか?

小石のような男:私も創るんですが、私ひとりじゃなくて皆様の力も借りたいんです!力を借りるのは、「SKY STORYにあったキャラクターイラスト」「イラスト背景にある思いやキャラクター設定」なども取り入れていきたいと思っています。

王の梟 :えぇ~!私が描いたキャラや設定も採用してもらえるんですか?

小石のような男:もちろんですよ!むしろどんどんアイディアが欲しいです。

王の梟 :やります! もし描き方とかで困ったことがあれば再度過去のブログで振り返りながら上手く描いてみます 。

小石のような男:参考になると思いますのでぜひぜひ!Twitter ▼ で募集してますので覗いてみてください。

https://twitter.com/koishiotoko

他にも、素敵なイラストや参考にしたいていうものできる限り多くpixiv▶https://www.pixiv.net/users/10364942で紹介させてもらってます。

王の梟:Youtubeでも紹介してますよね?

小石のような男:実はそうなんです。皆さん素敵なイラストを描いてくださるので動画で紹介しちゃいました👇

王の梟:たしかに、皆さんレベルが高いですね。描けるか心配になってきました。

小石のような男:絵の上手い下手は関係ありません。同じ繰り返しになりますが私は「SKY STORY」を皆さんで創っていきたいんです。なので、毎月 「SKY STORY」 にまつわる企画をTwitterでやっているので、参加してほしいです!

王の梟:なるほど、そういうことですね。ここまでストーリーを聞いて面白かったので世界観にあう絵をさっそくいくつか描いてみます。

小石のような男:よろしくお願いします。力を貸してください!

王の梟:それでは、さっそく家に帰って描いてきます。今後のSKY STORYの展開が楽しみです。また聞かせてくださいね。

小石のような男:本当にここまで聞いて(ブログを見て)いただきありがとうございました。

こうして対談が終わり、二人の物語(リードとイルミ)( 王の梟と小石のような男 )がここからスタートしたのであった。

ーー後編 完結ーー

カテゴリー
SKY STORY みんなで創る物語

SKYSTORY~みんなで創る世界~(前編)

こんにちは。小石のような男です。そして、、、どうもこんにちは。王の梟です。




小石のような男:今回は、僕が創作している「SKY STORY」について「王の梟さん」と対談していきたいと思いますので、よろしくお願いします👏

王の梟:こちらこそよろしくお願いします。「小石の庭」絵の描き方講座は、ブログと動画を全部見させてもらい参考になりました!

小石のような男:全部ですか!?ありがとうございます。

王の梟: 今回はSKY STORY?についてということなんですが、pixiv等を拝見して興味があります。

改めてお聞かせ願いたいと思い、お邪魔させてもらいました。

小石のような男: とても光栄です。概略については以前のブログに書かさせてもらいましたが、どんな物語かをより詳しく飽きないように解説していきますね。

概略について👇

王の梟:お願いします。でも、絵の描き方を教えるだけでもよかったんじゃないですか?

小石のような男:それも考えたんですが、絵を描くのを教えるということは、私自身も常に何か作品を作り続ける必要があると感じました。

王の梟:納得です。教え続けるためには、日々の努力、経験することが大事ですもんね。

小石のような男:ではさっそくSKY STORYの始まり始まり。

王の梟: パチパチパチ(拍手)

小石のような男: 高い高い青空の上には白い雲の海がありました。そしてその上には、宙に浮かぶ島々が連なる世界。その空の世界が「SKY WORLD」

そしてこの空の世界に生きる少年の一生を描いた物語こそが題名の由来になっています。

王の梟:空の世界!?想像するだけでワクワクしますね。主人公が、その少年てことですか?

小石のような男:その通りです。主人公の名前は「リード」。勇猛果敢、好奇心旺盛な性格です。そしてとあることをきっかけにニワトリを相棒に引き連れています。

王の梟:性格がどことなく小石さんに似てますね!この続き気になります。

小石のような男:そうですかね(笑)主人公の生い立ちから説明しますね!

少年「リード」は、生まれてからずっと独り。両親はおらず、友達もいなかったため毎日寂しい思いをしながら生きていた。

友達がいない理由は、差別であったーーーーーーー

この世界では色んな族の人間が存在する。現実世界で言う「人種差別」というものだ。仲良くなりたくても

「耳長族は、近寄るな」や、主人公リードのフルネームは「リード・ベル」のため「不幸を呼ぶベル(鈴)だから近づくな」と名前すら馬鹿にされる日々。そんな幼少期を過ごしていた。

リードはいつからか差別した、馬鹿にしたみんなを見返してやるという気持ちで一杯になってきました。




王の梟:まさに反骨精神ですね。めげずに頑張ってほしいなぁ

小石のような男:応援お願いします。リードには頑張れた理由があった。

世界では、空の世界の習わしで、人は皆鳥と共に生きるというものがある。 7歳の誕生日を迎えた人は、その年の8月10日 に村から卵を授かるのだ。寂しく悲しい独りぼっちの「リード・ベル」。これで相棒ができる!と息込んで、卵が羽化するまで毎日毎日大切に温めました。

王の梟:そうなんですね!?リードにとって初めての仲間、友達もしくはそれ以上の関係になる気がします。

小石のような男:いいところに目をつけますね。今後のお楽しみということで。

そして 人々はこうして羽化した鳥と一緒に一生を過ごすのだ。 雨の日も風の日も雪の日も。

王の梟 :まさに宮沢賢治の「雨ニモマケズ」ですね!リードは、生まれてくる鳥に対して、どんな思いがあったんですか?

小石のような男:そうですね(笑)生まれた鳥と一緒に大空を飛ぶ。一緒に世界を旅をする。こんなことを夢見て20日間大切に温めてきました。

王の梟 :なるほど、リードの気持ちが分かって感動しました。

小石のような男:そしてとうとうやってきた誕生の日。どんな鳥が産まれるんだろう。俺を遠くまで連れて行ってくれよ!願いを込めて羽化を待ちました。そして、ついに、、、羽化。あの瞬間は、ずっと忘れないでしょう。

王の梟 :鳥の名は?

小石のような男:エボルという種類の卵から産まれたから名は「イルミ」。ここから2人の出会い、冒険がスタートします。

王の梟 :イルミ。いい名前ですね。ここからSKY STORYの始まりですよね。どんな冒険が始まるのか、はやく聞きたいです!

小石のような男:はい。その前に一服。お茶でも飲みながら休憩しませんか?

王の梟 :そうですね。まだまだ長くなりそうですね!

小石のような男: 主人公イラストを動画で解説してるのでこれを見ながらお茶しましょう!

こうして、小石のような男と王の梟は一服してから話の続きをするのであった。

~後半へ続く~

後半▶https://wp.me/pbYvU7-dc