カテゴリー
SKYSTORY クリエイター ライフハック 小石のような男 教育

イノベーション(飽きない創作活動)

こんにちは。小石のような男です。




先月8月。私自身プライベートが忙しくなってしまい、今まで無理してやっていたことを根底から考え直すことにしました。

前記事にて、9月に関してイベントの準備を含め、活動ペースを落とす考えを公言しました。

そして本記事は引き続き

本記事テーマ

詰め込みすぎた活動の根本的な解決法について

を今回ご紹介していきます。

もし本記事をご覧になられてる方で、特に同じ経験をした方には小石のような男の脳内が分かると思います。

ぜひ最後までご覧ください!!!

それではさっそく。

革命 飽きることを利用

1番考えたのが「飽きること」について。

詰め込んだ内容をこなさなければ。

責任感から飽きたことに無理してとりかかっていました。

ペースが落ちる。良いものが作れず全くSNSに投稿できない。

という結果を招いてしまいました。

「飽きる」とは?大きく分けて2種類あると思います。

・自分が飽きる

・誰かが飽きる

です。

創作の敵でもある、自分が飽きることです。

創作者の中で、他の人(作品を見る側)の前に、自分(創作本人)が飽きてしまうことが、多いでしょう。

では、飽きてくるサインとして何が分かるのか?について。

自分が飽きているということは、時間差で、他の人(作品を見る側)も飽きてくるということです。

ここで、重要なのが、自分が飽きた後に何を生み出すかです。

・飽きた→やめる。

・飽きた→新たな創作を生み出す・考え出す

飽きた後こそ、自分の創作を広められるかどうかの分かれ目となってきます。




飽きがこない創作(SKYSTORY)

私自身、創作に飽きることはあまりないですが、

自分が創作したものを見せることに飽きがよくきてしまいます。

そこで考えを改めました。

①SKYSTORY上にて新しいものを創る。(イラスト・物語・設定)

ここまでを私が行います。

②SNS投稿、拡散していく(普及活動)

普及活動を他のメンバーに依頼する。

③人々の生活の一部へ

普及活動を通じて『SKYSTORY』の面白さ、コンセプトに共感してもらい、私(小石以外)からも新しい物が生まれる。

①~③の体制を創り出せば、『SKYSTORY』という作品をいつまでも楽しめるコンテンツの一部へ。

少しづづでも、時間をかけてでも形にしていこうと考えています。




まとめ

いかがだったでしょうか?

それでは学んだことをまとめます。

本記事まとめ

創作は自分との闘い。常に面白く、斬新で新しい物が求められる。

自分の世界だけで創るのは楽しいが、人に見せ続けるには大変さが生じる。

以上のことを一番お伝えしたく、本記事を書きました。

「共感をしてもらいつつ、その中でも楽しさがある」。

ことを少しでも理解してもらえたら幸いです

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY ライフハック 小石のような男 教育

ブログ記事を書いている理由

こんにちは。小石のような男です。




今回はこんな質問にお答えしていきます

本記事テーマ

Q.小石さんは、たくさんの記事を書いていて『SKYSTORY』以外の本制作(出版)予定はありますか?

お答えします。

A.今のところ予定はない。ブログ一本。

ブログのみを今現在考えている理由を本記事でお伝えしていきます。

読書が嫌いな方・中々本が読めない方には、ぜひこの続きをご覧いただきたいです。

それではさっそく本題に入っていきます。

読書の難しさについて

活字が嫌い。という方も含め、最近本が読めない、集中できないという方が増えてきています。

私たちは、技術の進化によって待つことの耐久性が日々低下してきている。

ことが一つの要因として挙げれます。

どういう意味か具体的に説明していきます。

私たちの生活は、はるかに便利になり、色々な時間が短縮されてきました。

例えば、

・交通機関の発展(行きたい場所に時間がかからない)

・ウェブページの読み込む時間(調べたいもがすぐ見つかる)

・ネットショッピングで商品購入(店頭に行く時間短縮)

などなど。

昔より明らかに便利か自分の使える時間が増えたことは、喜ばしいことです。

しかし、私たちは、喜びを忘れてしまいました。

さらなる時間短縮(もっと時間が欲しい)を求めるようになり、節約できた時間を喜ぶことをしません。

さらに、ストレス=時間を使うこと。

の結びつきが強くなり、多くの方が、焦りを感じやすくなり、時間のかかることが出来なくなりました。

なんとなく話が繋がってきましたね。

そうです。本を読むことは他のタスクにくらべて時間がかかります。




ブログによる時間提供

すぐに別のことをやりたくなる。

誰しも一度は、経験したことがあるのではないでしょうか。

・すぐに別のYouTubeチャンネルに切り替えてしまう

・今描いているイラストが飽きたから、別のを描きたくなる

などなど。こういった一つのことに集中できないのは、現代人の忙しさによるものです。

そこで、

本ではなくブログ記事にて伝えることにしました。

自分の考え・読書・経験から得た知識、ライフハックを時間をかけずにお伝えできる。

(1~3分ぐらいで読める量に要点をまとめています)。

つまり、読者の時間を節約できるよう作るを心がけています。

そのため、現状は本ではなくブログ発信をしているというのが理由です。

*追加として、本制作にお金がかかるといった理由もあります。

しかし、SKYSTORY関連の本は制作を続けていきます。




まとめ

いかがだったでしょうか?

私たちは、多かれ少なかれ時間をコントロールしたい欲求があります。

時間がないことを理由に、時間がかかることを避けるようになっています。

なんとかして時間がかかることを短縮させる。

この課題に立ち向かうため、手軽に隙間時間で読めるブログを目指していきます。

本記事まとめ

限りある時間を大事にするのは大切。ただ、時には時間を気にせずゆっくり、じっくり時間をかけて楽しんでみてはいかがでしょうか。

そこには、時間を短縮するより価値のあるものに出会えるかもしれません。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY 小石のような男 教育 知識

今を楽しむために(創作に繋げる)

こんにちは。小石のような男です。




将来が不安という方がどれぐらいいるでしょうか?

特に、私も含め創作活動というのは、将来の不安がつきまとうことが多いです。

そこで今回

本記事テーマ

将来を考えすぎず、今、この時を楽しむ

についてです。

本記事を読まれてる方の多くは、何かしらの目標に向かって日々活動を続けているかと思います。

私も同じです。

常に未来(〇〇のタスクを終えたら次に何しよう)を考えながら過ごしていました。

休養・今を生きること、今ある時間を大切さにすること。

未来ではなく、今これらを再確認するため本記事を作成しました。

最後までご覧いただけたら、幸いです。




夢・将来への執着について

将来を考えること・夢を持って毎日を生きることは、とても大切で、人生を豊かにしてくれます。

ただ、この気持ちが過度になるとどうでしょう?

今という時間を有意義に過ごすのに支障が出てきます。

自分がどこに向かっているかを考えるあまり自分がどこにいるかを忘れてしまいます。

未来志向の方は「いつ何かをしたら」という計画を立てる、考え常に未来を生きがちになります。

・「いつか仕事が落ち着いたら」

・「夢が叶ったら絶対に」

・「いつか素敵な人に出会えたら」

など。まだ大事なことが達成されていないことで、自分が満たされていないと考えに陥ってしまいます。

では、このような考えを持ち続けた方の、問題が解決したら、夢が叶ったらどうでしょう?

毎日が楽しく、有意義な毎日で生きられる。

はたしてそうでしょうか?




幸せの先延ばし

夢・未来への執着心が強すぎると、いつまでたっても心が満たされません。

例えば、仕事が落ち着いたり、いい人に出会っても、別の理由で苦しむ(別の足りない幸せを探す)ことを選択とします。

現在の楽しみを先延ばしにする癖がついてしまってるからです。

誰しも一度でも目標、夢を叶えた人なら経験したことがあることと思います。

私がつい最近体験した具体例を挙げてみます。

今年、本を1冊制作するという目標を達成した。

(制作した本が気になる方は、ぜひこちらも見てほしいです▼)

https://koishiotoko0917.booth.pm/

自分の最大限を出し切ったからこそ、完成させたとき、とても嬉しかったです。

しかし、これでひと段落出来る、目標を達成して心が満たされる
と思ったのは、ほんの一瞬でした。

喜ぶ時間を取らず、次の目標へ。

次の本第二弾の制作を取り掛かる必要がある。

本制作のために中断していた、

・イラストをSNSにアップしなければ

・YouTube動画アップしなけければ

別の焦りが生まれ、結局目標達成しても、幸せになることはありませんでした。




まとめ

いかがだったでしょうか?

少し残酷な話かもしれませんが、私は幸せを常に先送りにして、今を楽しむことを忘れかけていました。

たしかに、本一冊の制作は、夢・目標達成の通過点ではあります。

しかし、時間をかけて、自信を持ったものを制作した。

という事実に変わりはありません。

それに対して、達成感を味わう(今)、本制作に対しての振り返り(過去)

を楽しむ時間を確保した方がよかった。と今になって思います。

本記事まとめ

日々将来を考える生活は、時間に追われる生活と同じ。楽しさが生まれる隙がない。

いつか幸せになると思っている人に、幸せがくることは滅多にない。今を幸せにする必要があるからだ。

ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか?

本記事が、少しでも「面白い・役に立つ」と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY クリエイター 小石のような男 教育

趣味の楽しみ方について(小石のような男の趣味とは?)

こんにちは。小石のような男です。




今回こんな質問がきてました。

見本記事テーマ

Q.小石さんの趣味は創作でしょうか?

SNSで趣味についての話題・投稿したことがなかったので、本記事でお伝えしたいと思います。

A.ない

「趣味がない」と答えた理由を、詳しくお伝えしていきます。

最後までお付き合いいただけたら幸いです。

趣味の範囲

絵を描くこと、創作することが、趣味では?と感じる方がいると思います。

私の中で趣味と呼ぶのは

「非目標性の活動」があるものを趣味としています。

誰かに対しての活動や目標とか関係なく、ただ自分が好きでやっていることを意味します。

誰かに見てもらう関係なく、

・イラストを描く。(依頼や絵の上達のためでもない)

・物語を創る。

ただ好きだからやる。

それ以外に理由も目的もないものを趣味としてみています。

ではなぜ厳密に趣味と趣味以外で分ける必要があるのか?

についてご説明していきます。




楽しみ方が変わる について

例えば、趣味でやっている人が目標思考になると、趣味が居心地が悪くなり、100%楽しめなくなります。

趣味だからの楽しさ、充実感を得るには、

自分が平凡であることを受け止められるかどうか。

ここの受け止め方で変わってきます。

その道のエキスパートになろうとするより、

誰にも気に留められない自由に活動することが(期待に応える必要がない)趣味を楽しむために最も重要になってきます。

一方、私(小石のような男)と同様、

創作を「目標性の活動」(趣味以外)として、楽しむ場合

上達、面白さを追求するしていく必要があります。

周りの評価や、期待を背負い、負けじと活動していく必要があります。

こちらのタイプは、

上達した時、評価された時、目標が達成されたときに、楽しさを感じることができます。




まとめ

①趣味として、上手い下手は関係ない、目標もない。イラストを描く、創作すること自体をただ楽しむ。

②趣味以外として、評価される創作、自分の成長を感じる創作を楽しむ。

どちらを選択するもあなたの自由です。

本記事まとめ

それ自体楽しいもあり。成果を楽しむのもあり。どちらに当てはまるのか考えてみはいかがでしょうか?

どちらかを決めて、迷わず突き進んでいきましょう。

いかがだったでしょうか?

本記事が、少しでも「面白い・役に立つ」と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください▶http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY 小石のような男 教育 知識

時間効率を捨てる戦略

こんにちは。小石のような男です。




本記事で扱う内容は

本記事テーマ

時間の使い方(タイムマネジメント)についてです。

私たちの時間は有限です。

限られた時間の一人で何かを行う場合は、何かを犠牲にしなければなりません。

では何を決断し、どのような考えにで時間の使い方を決めていくのか。

という壮大なテーマで以下の通り、「時間」について違った角度から述べていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

タイムマネジメント(効率性の罠)

向上心が強い方は

・自分が考えている全てをやりたい。

・効率よくこなす。時間の使い方を変える。

ことを意識すれば、全てをこなすことはできないだろうか?

と考えにいたると思います。

この考えこそ、効率性の罠にはまっている可能性があります。

効率を追い求めて果たして、必ず良い結果になるのでしょうか?

イラスト・絵を描くを例にあげてみます。

(例)今すぐに何十枚と描きたいイラストがあるとします。

効率を重視して仮に全て描けたとします。

質と量はトレードオフ。

つまり質が落ち、本当にあなたが思っていた通りのイラストが描けるのでしょうか?

効率を求め、全てをこなす気持ちから招いた結果、満足できるものが創作できなくなります。

では焦る気持ちに、どのように向き合っていくのかについて

詳しく解説していきます。




時間の概念(不快感・不安をなくす)

・やりたいこと全てができないから、目標が達成できないかもしれない。

・今後やる必要があるだろうか(またはやらなくてもだろうか)。

など将来に振り回されます。

結果、時間に対しての不安と焦燥感に襲われます。

私も何度も襲われました。

・ブログを続ける必要があるのだろうか?

・ブログにかける時間を減らして、絵の練習に時間を使うべきではないだろうか?

など考えました。しかし考えても意味がありません。

なぜなら

・ブログは、Twitterのつぶやきのかわりとしてやる必要があると思ったから始めた。(字数制限がないため)

・ブログの質を落とした場合、読者が離れていくから。

以上のことから、不快感に耐える心持ち(メンタル)がとても重要になってきます。

時間という、あるようでないもの(意識するかしないか)に振り回されないことが、今に集中し、量も質も上がっていくからです。




まとめ

「時間を上手く使わなければ」→プレッシャーへ

「時間を無駄にした」→罪悪感へ

につながる、計画リスト。

これを片付ける日々があなたの幸せではないはずです。

その先の、達成したときから永遠に楽しめるかが重要なはず。

本記事まとめ

今、自分にできることを着実に焦らず誠実に(時間に振り回されず)

楽しみながら達成していきましょう。

いかがでしょうか?

本記事が、少しでも「面白い・役に立つ」と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

https://wp.me/pbYvU7-13N

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY クリエイター ライフハック 小石のような男 教育

忍耐力の強み(考える力)

こんにちは。小石のような男です。




今回取り上げるテーマは

本記事テーマ

忍耐力がある人は、物事の上達するスピードが速い

という内容です。

ちなみに私は忍耐力がない方でした。

何もかも続かないけど、上達スピードを上げたいと思い、あることを取り入れました

それではその詳細について説明していきます。

不快・不安が逃げ出す気持ちを作る

「分からない」「できない」という不快に耐えることで、解決策が見えてくるケースが多いです。

一体どういうことなんでしょう?

クリエイティブな仕事、人間関係、子育て、何か頑張ろうとすれば、必ず難しい問題に直面します。

そのとき、私たちは

「未解決の状態に耐えきれない」

「できないという現実を受け入れられない」

ので最速(もっともはやい方法)で何とかしようとします。

不快感から逃げるため

・だれかのせいにしたり

・自分には向いてないと投げ出したり

諦めてしまいます。

上手くいくかを長く試行錯誤するより、やめたほうが気持ちが楽になるからです。

では忍耐力をつける方法を2点ご紹介させていただきます。




忍耐力を鍛える方法

今回はオススメを2つにまとめてみました。

①問題がある状態を楽しむこと。

問題発生は誰しも、焦り、不安を感じてしまいます。

焦り・不安に中からも、楽しみを見つけてみましょう。

例:これが解決すなれば、今の自分と比べ大きく成長できる。

例:問題のない人生は退屈だ。やることがなくなってしまうから。だから感謝する。

などなど。

②小さな行動から始めること。

どこから手をつけるかが分からない、問題が多すぎると逃げ出したり・問題解決を諦めてしまいます。

そんな時、まずすぐにできること・簡単に対処できることは、何だろう?と考え、取り組んでみましょう。

気が楽になると同時に、今やるべきことが明確に見えてきます。




まとめ

いかがだったでしょうか?

私事ですが、絵が上手くならず、嫌になりなんでも逃げだしそう・やめかけたことがありました。

しかし、ここまで来れたのが、「絵が上手くなりたかったから」

という意思。つまりは忍耐力だと思っています。

上記に当てはめると、

・絵を描くことを純粋に楽しんだこと

・上手くなるための課題はたくさんあるけれど、順番に確実にステップを踏んで解決していけばいい

本記事まとめ

嫌なことに取り組める人・取り組めない人は忍耐力の違い。考え方、取り組み方を変えるだけで激変する。

忍耐力の大切さが本記事で理解してもらえたら幸いです。

本記事が、少しでも「面白い・役に立つ」と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

https://wp.me/pbYvU7-13N

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY 小石のような男 教育 知識

創作者と協力(企画参加)と目指す未来について

こんにちは。小石のような男です。




今回は、以下の質問について

本記事テーマ

Q.小石さんは、なぜ目標を公言(記事に書いてる)しているのですか?

について回答していきます。

ではさっそく。

A.自分の目標に対し、多くの方に関与してもらうため。

この回答内容について深堀していきます。

最後までぜひともお付き合いください

目指す未来:副タイトル(みんなで創る)の理由

『SKYSTORY』をきっかけに、誰かを巻き込んで、創作する。

つまりは、目標達成のために、どんな方も巻き込んでいきます。

巻き込むことによって、自分自身に責任が増してきます。

結果、本気になって集中して取り組むという動機がいっそう強くなります。

もちろん関わってもらうからには、必ず楽しんでもらえることを約束します。

楽しみ方は、いくつか用意しています。

・創作の場として創作自体を楽しむ。

・創作に取り組むことで、成長(上達)を実感して楽しむ。

・『SKYSTORY』というコミニティの場として楽しむ。

・『SKYSTORY』の作品自信を楽しむ。

などなど、楽しみ方はそれぞれです。

では、なぜ多くの方を巻き込み活動ができるのかについて解説していきます。




自信があることのみ大きな一歩へ

私自身、人を巻き込んで創作、作品を大きなものにしていく。

行動に自身があるから始められました。

自分自身が「必ず上手くいく」「楽しい、共感してもらえる」

確信をもっているからこそ、目標を大々的に発表し、多くの方と創作しています。

自信の作品を使う又は『SKYSTORY』を使って、自信を身につけることが可能です。

*8月実施企画▶https://wp.me/pbYvU7-1et

あなた自身の成長、自信をつける方法は、人間関係が大きく関わってきます。

他の方(創作者の声・意見)によって気づかされることが、たくさんあります。

例えば自分にとって大きな変化でなくても、

「イラストの色の使い方がより個性的になった」。

「筆の勢いやタッチが、豪快さと繊細の使い分けが上手くなってる」。

他者視点の気づきを教えてもらえます。

これぞ、自身の成長、自信につながります。




まとめ

いかがだったでしょうか?

自分の目標、目的に誰かを関与させることの必要性

関与してもらった人には楽しさを提供する必要性

本記事を通して理解し、今日からの創作活動の役に立てれば幸いです。

本記事まとめ

目標を掲げることで、協力してもらえる人を見つけることができる

また企画だけでなく、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY ブログ復習 教育 知識

ブログ記事振り返り(2022年7月復習)

こんにちは。小石のような男です。




今月の記事はいかがだったでしょうか?

記事のおかけで、少しでも楽しい7月を過ごしていただけたら幸いです。

暑い夏が続きますが、体調に気をつけて8月も楽しんでいきましょう🎇

本記事では7月最後ということで、

本記事テーマ

7月ブログ内容を振り返り、復習とともに新たに勉強していきましょう🖊

についてです。

ぜひ8月に入る前に、今月の振り返りをして見て下さい。

アウトプット学習(1日だけ復習日)

「小石の庭」で7月投稿された、記事タイトル、もしくは概略を思い出してみて下さい。

3

2

1

いかがでしょう?思い浮かべれましたか?

書いてる私は、全てを思い出すことができませんでした。

もちろん全ての記事を、詳細に思い出す必要もありません。

重要なのは

「自分が使えそう」「役に立った」と思った知識がすぐ思い出せたかです。

「何かに使えるかも💡」と記事を読んだ時に思っても、

当然、使わなければ(行動しなければ)忘れてしまいます。

そこで、想起トレーニング(思い出す訓練)を毎月の中で1日

実施することをオススメします。

ご覧いただいている今日にでも、復習していきましょう!!




アイディアマンへの道(アイディアの組み合わせ)

7月の記事について下記のラインナップを揃えました。

①チーム選びについて

https://wp.me/pbYvU7-1bZ

②自分への投資を始めよう

https://wp.me/pbYvU7-1bo

③仲間がいることの強み(今の自分にできること)

https://wp.me/pbYvU7-1bw

④成果を求めること

https://wp.me/pbYvU7-1cG

これを機に

・読み飛ばしていたもの

・復習含めて再度読み直し

にぜひ上記のリンクからご活用してみて下さい📚

1つの記事だけでも、しっかり活用できるように、簡潔にまとめてあります。

さらに効果的な活用法は、複数の記事を読んで、自分なりに組みわせてみることです。

例えば上記②×③の組みわせ。

⇒仲間の中で自分ができることを見つけ、それに投資してみる(時間をかける)。

などなど。

ぜひ自分なりに考えて使ってみてください!!!




まとめ

いかがだったでしょうか?

それではまとめです。

本記事まとめ

ブログ記事を読んで、自分にとって必要なものを見つけ、どのように活かしていくかを考えてみて下さい。

明日からの創作活動の役に立つことを願っています☄

面白い、役に立つかも☄と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にもぜひ遊びに来てください

http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

来月の記事もお楽しみに🌟

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY クリエイター 教育 知識

前進している感覚がないときにやるべきこと

こんにちは。小石のような男です。




今回本記事で扱うテーマは

本記事テーマ

行き詰まったときに、すぐにやるべきことは何でしょう?

についてです。

創作をしている方なら、一度は経験があると思います。

・この先の物語が浮かび上がってこない。

・絵を描き続けても一向に上手くならない。

目標、ノルマに取り組んでいる中で、「現状から抜け出せない」「やる気を維持できない」

など予期せぬことが日々起こりえます。

そんなとき誰でもできる対処法をご説明していきます。

いつでもすぐに実践できる○○

まず、私の実体験をご紹介します。

ある日のこと。

色々行動しているが、前に進んでいる実感がない、行き詰ったと悩んでいた時。

知人である梟がこう言っていた。

「すべての進歩は、本当の事、本音を言うことから始まる」。

このように言われ、全てを語った。

その後、数日間で劇的な変化が起こった。

・あれだけ悩んでいたのに、解決策が見つかった。

・物事の見方を変えただけで、実は前に進んでいた。

ことがはっきりと分かったからだ。

なぜこのようなことが起きたのだろうか?




自分を助けるのは、他人であることが多い

本音を言うのは難しいかもしれません。

・弱音に聞こえてしまう。

・プライドが許さない。

などが邪魔をするかもれません。

これらを無視して、行き詰っていることを話してみましょう。

気持ちがスッキリするのはもちろん、解決策が見つかる可能性が広がります。

他にも話すことによって、

大切な人、チーム、コミニティはあなたに対し、興味・関心を持ってくれてることに気づきます。

成功を願ってくれてることに気づくきっかけにもなるでしょう。

自分が大事にされていることに気づけば、チームに対してのコミットメントが強くなる。

これがさらなるやる気アップにつながります。




まとめ

‘‘前に進まない間隔について‘‘本記事で取り上げました。

サボっているわけではないけど、前進している感覚がない。

やり方が間違っているのでは?

自分の軸がブレることが起こります。そんな時は、すぐにメンバーやチームメイトに相談するようにしています。

本記事まとめ

話すことは、自分の視野を広げる。さらにあなたの努力を側で見ている人なら、期待も一緒にもらえるだろう。

いかがでしょうか?

本記事が、少しでも「面白い・役に立つ」と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY クリエイター プロジェクト 小石のような男 教育 知識

成果(数字)を求める活動について

こんにちは。小石のような男です。




最近の記事で、創作活動においてのビジョンを明確にお伝えしました。

そして次に決める必要があるのが、

本記事テーマ

・目に見える成果
・成果に到達するための道筋

について公言していきます。

楽しいだけでは、到達できない目標だからこそ、明確に決めていきます。

本記事を通して、私(小石のような男)の考えを共有できたら幸いです。

それではさっそく。

成果を出す(誰が見ても分かるもの)

目に見えるもの、誰が見ても分かるといえばすぐ挙げられるのが

数字と技術力です。

例えば私の場合

・pixivデイリーランキング1位を目指す。(順位という数字)

・絵の上達(技術)

です。

今、企画参加条件として小石のpixivアカウントをフォロワー限定で行っています。

理由は一つ。デイリーランキング1位を目指すためです。

他にも、

・TwitterやpixivFANBOXへの投稿用イラストを描く。

・本制作のためにイラストを描く。

絵を描く時間を増やす(量をこなす)ことで技術を上達させています。

このように数字と技術力を磨くことによって、

自分へのモチベーション維持かつ他人のため(応援していただいてる方に楽しんでもらう)に頑張り続けています。




答えが分かる(結果に対してフィードバッグ)

フィードバック。つまり今行うことで、将来何が見出せるかを考えることも必要となってきます。

結果がでなかった時、何が生まれるのか?次につながる挑戦だったのか?

結果が出た時、次に何を生み出すか?次につなげるために成果をどう利用していくか

私の場合、

『SKYSTORY』「小石のような男の活動内容」を認知(多くの方に知ってもらえる)のきっかけになります。

結果が出なかった場合は、来年も

さらなる絵の上達を目指す

pixivへの投稿を増やす(FANBOXも含め)。

成果を出すために、諦めずどこまでも答えを追及していきます。




まとめ

いかがだったでしょうか?

本記事で小石の志を共有できてたら幸いです。

みんなに楽しんでもらう作品を創作すること、提供するには、何かしらの成果を上げる必要があります。

私(小石のような男)の場合、登竜門が、pixiv

皆様に追い抜かれない又は追い越す姿をこれからも見せていきます。

もし、絵を上達させたいという同じ志を持たれる方がいたら、

力試しに7月のお絵描き企画の参加検討してみてはいかがでしょうか?

きっとあなたの成長につながると思いまし、踏み台にしてもらいたいです。

7月お絵描き企画詳細について▶https://wp.me/pbYvU7-19l

本記事が、少しでも「面白い・役に立つ」と思われた方は、小石の作品『SKYSTORY』専用コンテンツ(pixiv)にも遊びに来てください

http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

それでは次回の記事でお会いしましょう👋