カテゴリー
お絵かき講座 クリエイター 教育 知識

話題作りについて

こんにちは。小石のような男です。

今回の記事は、ブログ読者からの質問に答えるコーナーです。

以下の質問がきてました。

見本記事テーマ

Q.小石さんが創作活上で、普段から心掛けていることありますか?

この質問について、ご回答したいと思います。




多様な考え方を手にするには(傾聴か読書)

A.傾聴力(人の話をしっかり聞く)です。

本を読む又は相手の話を聞くことで、自分にはなかった考えが手に入ります。

そこから、新たな物語、絵の構想が思い浮かびます。

ストーリーテラーとしてで言うなら、漫画、小説、図鑑はとても役立ちます。

では、今回の記事は傾聴力についてを取り上げていきます。




話題を提供する(気になる人と話すきっかけにも)

話を聞く際、話のきっかけ(話題)を作る必要があります。

そこで一つオススメのテクニックがあります。それは、、

多少間違ったことを話すです。

カニンガムの法則をご存じでしょうか?

⇒「インターネット上で正しい答えを得る最良の方法は質問することではなく、間違った答えを書くことである」という法則である。

つまり、あえて間違えることで、その人はあなたに正しい情報を教えてくれます。

メリットとして3つ

①質問攻めにならずにすむ。

②知っている話題でなくても話せる。(間違えてもいいから)

③完璧な人より、少し間違いがあった方が人間味がある。

というメリットにも繋がります。




いかがだったでしょうか?

相手が教えてくれるので、知識が深まり、考え方が広がます。

では、間違えることへの抵抗をなくすための、まとめです。

本記事まとめ

推測を言ってみよう。当たれば凄い人になる。間違えればその情報が手に入る。

しっかり相手の話を聞いて、戦略的に使っていきましょう。

他にも関連記事を2つご用意しました。

・人の話を聞くことで名作が創れる▶https://wp.me/pbYvU7-AO

・初心を忘れない人間関係▶https://wp.me/pbYvU7-Co

こちらも創作活動にも使えるので一読してみてはいかがでしょうか?

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
お絵描き講座 みんなで創る物語 クリエイター 教育 知識

文章力を上げる簡単な方法(文章量について)

こんにちは。小石のような男です。




最近は、『SKYSTORY』の物語を書きだす毎日を送っています。

そんな毎日から、今回

本記事の学習テーマ

文章量が人に与える力、ストーリー制作とブログ記事執筆の違いについてです。

文章力といっても幅広いため、今回は文章量に焦点を当てて解説していこうと思います。

その前に、執筆活動から学んだことについての記事を読むことをオススメします。▶https://wp.me/pbYvU7-Nu

物語とブログ記事執筆の違い

私は、ストーリーテラー&ブロガーであるため、文章を使い分けをしています。

どのように使い分けているか?

答えは、文章量です。

文章というと、中身が最初に見られると思いがちです。

しかし、実際手書きなのか、手書きでないのかも大きな違いがです。

①手書きでない場合

文章量が一番最初に見られます。

飽きずに見れる、簡潔な文章作りが要となってきます。

今の時代、手書きはあまり使われることが少なくなってきました。しかし、手書きの良さも色々あります。

②手書きの場合

内容が一番見られます。

文章量を気にせず書ける。手書きの良さがここで現れます。

いかがだったでしょうか?




以上のことから、

本記事まとめ

手書きで伝えることが少ない現代。文章量を意識して、事実、思いを伝えていくことを心がけること。

『SKYSTORY』の物語は、手書きで書いていきたいです。(中々難しいですが…。)

ブログ記事については、中身はもちろん、これからも文章量を意識していきます。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

次回の記事もお楽しみに🌟

カテゴリー
SKYSTORY お絵かき講座 みんなで創る物語 クリエイター 教育

多くの方と創作活動をする理由について

こんにちは。小石のような男です。

ブログ読者の方からこんな質問が届いたのでご紹介します。

Q.創作活動を毎日行うことで辛いことはありませんか?

A.『SKYSTORY』を愛してくれる方々と一緒に創作しているから楽しいです。

そこで、今回のテーマは、企画を通じて多くの方と創作活動を行う理由について述べていきたいと思います。




よりよい作品をお互いに提供できる協力体制

他者のアイディア、感想というのは、創作活動のヒントになり、よりよい作品完成に近づきます。

お互いの作品を尊重し合ってるからこそ、出せる意見。

自分に見えない視点を提供してくれる。

だからこそ、作品を愛してくれる方々というのを冒頭に述べました。

よりよい作品を創るには、凄い作品を生み出している人(有名な人)や自分より絵が上手な人に意見を聞く方がいいのでは?

と思うかもしれません。

しかし、作品を含め、私たちが活動している『SKYSTORY』プロジェクトメンバーは、こういった能力主義で選んではいません。

ではなぜ能力主義ではないのかについてご説明していきます。




多様性のある作品を生み出す

能力は関係ない。の前にまず、

たくさんの方に面白いと言ってもらえる作品を創りに必要不可欠な物とは?について述べていきます。

考え方の違う人を集め、違った角度から物事を捉えることで多様性のある面白い作品が出来上がります。

ただし、誰でもいいわけではありません。

自分の作品を愛してくれない人というのは、何も考えなしに無暗に反逆をしてくる可能性があるからです。

だからこそ、冒頭で述べた『SKYSTORY』を愛してくれる方々と一緒に創作をしています。

しっかり考えた上で、意見を出してくれます。

自分には見えていなかった、新たな視点のため、とても参考になります。

本記事のまとめ

物語を創る、絵を描くのが上手い人(能力)<自分の作品を愛してくれる人(愛)の意見の方を尊重し、しっかり受け止めます。

多様性を生み面白い作品創りに繋がるというのが、ここまで読むと理解できたかと思います。




多様性を生み出す企画(お絵描き企画、SS企画)

企画でも同じことが言えます。

上手い人が企画に参加してくれるのは、もちろん嬉しいです。

しかし、企画の意図としては、

・下手で自信がなく、人に見てもらう勇気が出ない方

・自分の作品に第三者の意見をもらいたい方

を中心とした企画を開催しているからです。

これからの企画を通じて、

・よりよい作品を創ってもらいたい

・「SKYSTORY」の作品創りにご協力していただきたい

と思っています。

いかがだったでしょうか?

この記事も、これからの記事も、あなたの創作活動の役に立てたらと願っています🌟

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY SKYSTORY計画 YouTube お絵描き企画 みんなで創る物語 クリエイター

SKYSTORY計画活動報告(上期予定)

こんにちは。小石のような男です。

2月のYouTubeライブもいかがだったでしょうか?

1月企画紹介動画(前半▼)

1月企画紹介動画(後半▼)

かなり時間をかけて準備したので、楽しんで見てもらえたら幸いです。

そして今回の記事では、

・今年YouTubeライブ以外にどんな活動していたか?について

・今後の活動予定(上期)について

お伝えしたく、このテーマで書いていきます。

では、まず振り返りをしていきます。




物語&ワンシーンイラストの作成

2か月間、お絵描き企画や、SS企画を行ったことで多くの方に「SKYSTORY」を知ってもらいました。

そんな中、質問が多いのが、具体的にはどのような物語のなのか?

という質問を多数受け付けました。

『SKYSTORY』のあらすじについて。こちらの記事で紹介しました。▶https://wp.me/pbYvU7-Tq

しかし、具体的には?と言われると、頭の中にあるけれど形に出来てないものがほとんどでした。

どんなものでも、形にしなければ伝わりません。

さらに形にする重要性については、こちらの記事でも紹介しました。▶https://wp.me/pbYvU7-Sl

そこで、この2か月間、物語&ワンシーンイラストの制作に集中しました。

細かいところは省き、一番に時間をかけていた活動報告になります。

ここまでの話を踏まえた上、上期の活動予定を述べていきます。




本の制作(SKYSTORY第一弾)

3月からも引き続き、物語制作と同時に、本の制作を行っています。

本の題名として

SKYSTORYの歴史『History of SKYSTORY』一巻

販売方法については、先行してコミティアを通して販売(オフライン)を行いたいと思います。

その後、オンライン販売も検討中です。

コミティアの予定として4月~5月を予定してます。

詳細が決まり次第、随時ブログ記事でお伝えしますのでお楽しみに🌠

活動予定第一弾は、本の制作というお話でした。

続いて第二弾の発表です。




クラウドファンディングによるオンライン個展の実施

これまでのSKYSTORY企画参加者さんのイラストを使った、オンライン個展を開催します。

実際に、スタジオを借りて、参加者さんのイラストを映しだし、オンラインで配信を行います。

再度、参加者のイラストとともに過去の様々な企画を一緒に振り返っていこう(オンライン個展)

というテーマで進めていきたいと考えています。

ただし、過去の作品枚数は累計1000枚を超えて、全部を紹介をするのは難しいです。

そこで、紹介する参加者さんを、今後の『SKYSTORY』のスポンサーとしてクラウドファンディングで募りたいです。

詳細が決まり次第、随時ブログ記事でお伝えしますのでお楽しみに🌠

活動予定第二弾は、クラウドファンディングによるオンライン個展開催というお話でした。

それでは、最後にこの2点を踏まえてについてです。




2点の活動重視に向けて重要なご報告

以上の準備に3月以降は、時間を使いたいと考えております。

そこで、3月の企画は休止させていただきます。(4月以降は、開催未定です。)

さらに、2月の企画参加者さんの紹介ライブについては?という質問に対して

4月以降に参加者さん紹介ライブを必ず行いますが、日付は未定とさせてもらいます。

いつもライブを楽しみしてくださっている皆様、申し訳ござません。

しかし、3月には、1月の企画紹介ライブは継続します。

1月企画紹介ライブの詳細記事はこちら▶https://wp.me/pbYvU7-Uh

そちらをぜひ楽しんでいただきたいです。

これからもブログ記事で定期的に活動報告や、告知を行っていくのでぜひチェックしてみてください。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
お絵描き講座 クリエイター 教育 知識

深い知識、スキルを身につけることで○○

こんにちは。小石のような男です。




創作活動にあたって、勉強を続ける毎日を過ごしています。

ということで今回は、クリエイティブを活かすために知識を身につける必要がある。というテーマで述べていきます。

クリエイティブな人になるためには?

の関連記事も、下のリンクからぜひ、一緒にご覧ください。

観察力について(前編)▶https://wp.me/pbYvU7-EI

観察力について(後編)▶https://wp.me/pbYvU7-Fv

ではなぜ深い知識がいるのかを説明していきます。




創作者に求められるもの(第三者視点)

その前に、クリエイティブな人てどんな特徴を持ってるか?

をまず考えていきましょう。

数値化出来ないので、この記事での前提条件を作ります。

色々な視点から物事を観察できる人が挙げられます。

*もちろん他にもたくさんあります。

熟練した深い知識があると、現状にとらわれやすくなるのでは?

新しい発見が出来ない、クリエイティブな人になれないのではないか?

と疑問に思われた方がいたら、まさにその通りです。

しかし、逆説的に、

浅はかな知識を持っている人=クリエイティブを持っている人

と言えるでしょうか?

これについて深く掘り下げていくと、結論が見えてきます。




創作活動の鉄則:意図的に寄り道をしてみる

では、結論を先に述べます。

深い知識+第三者マインドセットを持つ。

自分が興味のある分野に時間をかけて勉強する。(深い知識の習得)

見慣れた物事を新たな視点で見る。(第三者マインドセット)

一つのことを集中してスキルを磨くことが、スタート時点です。

・他業種の人や、自分とは性格が異なる人の話に耳を傾ける。

・他ジャンルの知識、スキルを身に着けてみる

などなど。

時には寄り道をして、あなたが本当に成し遂げたいゴール(クリエイティビティを活かして完成させたいもの)を目指してみましょう。

現状に疑問を投げかける力、従来の枠組みを飛び越える力を身に着けるため、今後のブログ記事を通じて、一緒に身に着けていきましょう🌠

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
みんなで創る物語 クリエイター 教育 知識

くだらないものをつくる勇気

こんにちは。小石のような男です。

今回の記事テーマは、

本記事テーマ

くだらないものでも最後まで完成させることが重要。

についてです。

作品を創るときや、何か新しいものを作るときに、

×自分の中で完璧にまとまってから形にする。のではなく、

〇まとまってない、くだらないものでも形にする。をオススメします。

その理由について解説していきます。




言葉の力(伝える大切さについて)

創作活動の前に、誰かに思いを伝えたい場合についてを先に述べていきます。

・自分は話し下手、面白くない。だから話しをしても伝わらないだろう。

・文章力がない。メッセージを送っても伝わらないだろう

誰しも一度は、考えたことがあると思います。

共通して言えるのが、

拙い言葉、下手くそな文章、何でもいいから必ず伝えてみることです。

「拙い言葉、文章等によって頑張って伝えたけれど、相手に分かってもらえなかった。」としても、自分の力になります。

どうして伝わらなかっただろう?

→別の言葉、言い回しを変えてみよう。

→言葉自体ではなく、表現力、熱意が足りなかった。

トライ&エラーにより、解決方法を探ってこそ、自然に伝え方が上達していくからです。

「頑張って思いを伝えたあなた」を嫌いになる人はいないと思います。




かたちあるものへ(形を作らなければ意味がない)

先ほど述べた話は、創作活動も同様の考え方です。

形がなければ、全くの意味がありません。

下手だろうが、くだらないものであろうが、創ったものを開していきましょう。

時折、バカにされたり、プライドが邪魔をするかもしれません。

そんな時は、以下の言葉を思い出してください

・形にしなければ、決して作品でも名作は生まれない。

・伝えようとしなければ、上達しない。本気の思いを分かってもらえない。

今回、これを読んでくださる皆様に文章でお伝えしています。

ブログを始めたころの記事を見てもらえれば分かりますが、文章を作るのが下手くそでした。

下手くそなりに、記事を書き続け、たくさんの情報を発信し続けてきました。

(これについての詳細記事も一緒にご覧ください▶https://wp.me/pbYvU7-Ei

絵も同様です。絵描き初心者の頃から、SNSに投稿を続けました。

(これについての詳細記事も一緒にご覧ください▶https://wp.me/pbYvU7-bX

今も自分の文章、絵が上手いと思っているわけではないですが、当初と比べたら成長が実感できます。

全て、くだらないと思っても形に残してきたからです。

半年後、一年後に、自分の作品を見返したときに「下手くそ」「くだらないもの創ったな」と言ってあげましょう。




いかがだったでしょうか?

本記事まとめ

現在創り上げたものを、将来、自分が笑えるよう一緒に努力し続けましょう。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORY みんなで創る物語 クリエイター

SKYSTORY~みんなで創る物語~ あらすじ

初めまして。小石のような男です。




『SKYSTORY』~みんなで創る物語~

という作品創っています。

あらすじをご紹介。

私たちの頭上にある青い空、白い雲。

遥か上に存在する広大な世界。

・空飛ぶ島々

・鳥にとって旅をするヒト

・精霊と交流が深いエルフ

・獣と耳と尻尾を持つセリアン

摩訶不思議な生き物たちが織りなす壮大なファンタジー?

ハーフエルフの少年「リード」

相棒のニワトリ「イルミ」

彼らを待ち受けるのは、想像できないほどのワクワクした冒険

受け止めきれないほどの悲しい運命

空の世界を冒険の末、彼らは一体何を手にするのか。

果たして結末はいかに!?

『SKYSTORY』~みんなで創る物語~を通じて

創作をお楽しみください。

『SKYSTORY』第1章 始まりの島編 冒頭

ダイアローグはこちらの記事から👇

前編▶https://wp.me/pbYvU7-cX

後編▶https://wp.me/pbYvU7-dc




カテゴリー
SKYSTORYエリア

「SKYSTORエリア」はじまりの島NOAH(湖)

こんにちは。小石のような男です。




私が創作している「SKYSTORY」物語の舞台となる島の名前が「NOAH」(ノア)

「NOAH」の大まかな概略は以前の記事でご説明しました。

こちらの記事を先にご覧いただくことをオススメします▶https://wp.me/pbYvU7-pR

今回は「NOAH」にあるについて深くご説明していきます。




湖の謎について解き明かす

AZ(巨大な黄色い木)の根本の方にあるにある広くて深いドーナツ状の湖。


ほとりは青緑で、湖の水は少し紫に光ってもいる。


湖のほとりは沢山の菌類のような見た目をした植物が存在し、大小様々なキノコが特徴的で実際の木の根元のように虫のエボルも沢山存在する。


虫達はさらに自分たちより大きいものに食べられる循環していく。


NOAHの湖、NOAHの森の生き物達は基本サイズが大きく、リスのエボルだとしてもリードの腰の位置程の大きさだったりする。

この湖からNOAHの島全体へ放射状に8つの大きな川が広がっている。


湖には原初のエボルも未だ存在し、生きた化石と呼ばれるものも生息している。

最深部から表層にかけて、徐々に誕生が最新のものになっていく。


NOAHの湖には25万種ほどのエボルが存在するが、未だに発見されていないもの、解明されていないものがほとんどだ。


世界のバランスを取るために、新たな生命体の元となるものを未だに産み続ける原初のエボル。


ーーーそれがNOAH。

読んで想像を膨らませ、良ければ一枚、イラストを描く練習に使ってみてはいかがでしょうか?

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
SKYSTORYエリア

「SKYSTORエリア」はじまりの島NOAH(森)

こんにちは。小石のような男です。




私が創作している「SKYSTORY」物語の舞台となる島の名前が「NOAH」(ノア)

「NOAH」の大まかな概略は以前の記事でご説明しました。

こちらの記事を先にご覧いただくことをオススメします▶https://wp.me/pbYvU7-pR

今回は「NOAH」の生態系の中、生産者であるについて深くご説明していきます。




森の謎について解き明かす

AZ(巨大な黄色い木)、湖と来たらその外側にある森。


湖の深部で誕生したエボルが、長い時を経て地上に上がり、初めての植物(トランスヴァール)が生まれる。

AZの木、湖を中心に存在するその森には大小様々な木が存在する。


大きいもので100メートルを軽く超える。

緑よりは青っぽい葉をつけたものが多く、神秘的な森。


この森は、植物が進化していく過程でできた自然芸術の最高傑作。

全ての生き物は突然、発生したわけではなく、とてつも長い年月をかけて進化してきた。


NOAHの内側から外側に行くに従って新しくできた植物のエボルが多く、未だに原初の植物も存在する。

最初は、小さいエボルから始まり、光のエネルギーによってエネルギー交換するものが現れた。昆布のような植物のエボルが水中にて誕生した。


その後、エボル達は陸に上がり、シダやツクシのような胞子で増えるエボルになっていった。


シダのようなエボルが非常に栄え、背の高いものが現れ、背の高いものが生まれ、それが増えて森になった。


そこから、空気中の成分や地の様子、霊体やエネルギーが変化するにつれて滅んでは生まれを繰り返し今のNOAHの森に至る。

恐竜に似たエボルが生まれました時期に現れ出したのが、ソテツやイチョウのような木の仲間。


花が咲き、実がなり、種ができるのはこの辺りから。


森に住む生物(エボル)も時期によって変化を繰り返し、最終的に目に見えないエネルギーによって次の世代に命を残すニューシステムへ。


ヒトの意思が伝播して植物のエボルが進化したり、あらゆる情報を霊体に託して最終的に半透明なディーノのような植物も誕生した。


この先も植物は進化し続けるであろう。

動物のエボルはというと、未だに恐竜に近い形質を持つエボルも森に存在しており、其のエリア毎に生活しやすく進化していった。


背の高い木の近くには背の高いエボルが当然のことながら存在している。

NOAHで一番栄えた種は鳥(羽が生えていたり、空中を移動できる)のようなエボル。


舞台が地上から空へと移動したことにより、生活圏にZ軸が追加され、空間を縦横無尽に飛び回れるというのが必要になったからだ。

読んで想像を膨らませ、良ければ一枚のイラストを描く練習に使ってみてはいかがでしょうか?

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

カテゴリー
みんなで創る物語 クリエイター 教育 未分類 知識

自分の好きなことを活かして生活するために

こんにちは。小石のような男です。




自分が何が好きで、何が得意か把握していますか?

自分がやりたいこと、得意なことを活かして生きていくのは幸せにつながる一歩だと考えています。

そこで今回の記事は、

好きなこと、得意にしたいことを記事を通じて考えてみよう

というテーマで進めていきます。最後までご覧いただけたら幸いです。




好きな分野、得意な分野を見つけるために

見つかっている人は、知的好奇心を持ってひたすら突き詰めていくだけです。

見つかっていない人は、少し気になっていること、なんとなく興味のあることの中から、知的好奇心をもって取り組めるものを見つけてみてはみてはいかがでしょうか?

そして時間をかけることによって、徐々に得意になり、楽しくなります。

当初と比べ、好きの熱量が変わることを実感出来ると同時に周りにも自然に伝わります。

では次に、伝える、アピールすることの重要性をご説明していきます。




好きなことをたくさんの人にアピール(SS企画を活用してもよし)

私(小石)は、好きなことを明確化した上、SNSで活動しています。👇

「自分はこういうことが好き、得意で活動してます。」

(何か困ったことがあったら力を貸します!)

「自分はこういうことが好き、得意で活動してます。」

(興味があれば、どんなことでもぜひ力を貸してください!)

というアピールの裏には、カッコの意味が含まれています。

お互いの好き、得意なフィールドを共有し助け合う。

そこから、よりよい物が生み出され、最高な関係性が築き上げることが出来るからこそ、好き、得意なことを公表しています。

とはいえ、いきなり○○が好き!得意!といわれても、実際作品を見ないと熱量が伝わりずらいですよね。

そこで、お絵描き企画やSS企画といった好きなこと、得意なことを存分に出来る発揮できる場所を毎月提供してます。

お絵描き企画とは?

毎月お題にあるテーマで絵を描いてSNSで共有。絵を描くことを楽しんでもらうことを趣旨とした企画です。

SS企画とは?

毎月お題にある絵を描く以外のジャンル(音楽、動画など)を創りSNSで共有。クリエイター活動を楽しんでもらうことを趣旨とした企画です。

興味がある方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

https://wp.me/pbYvU7-Pl




参考までに私の好きなこと 小石プロフィール

参考までに、小石の好き、得意なことを一言でいうなら

「描画×執筆」での創作活動を見せることで楽しさを伝えるです。

①「SKYSTORY」という独自の創作品のイラストを上げ続けること。(描画)

②ブログ記事を上げ続けること(執筆)

で私の好きの本気度、熱量を伝え続けてきました。

いかがだったでしょうか?

今日からの創作活動の役に立てば幸いです🌟

それでは次回の記事でお会いしましょう👋