カテゴリー
SKYSTORYキャラクター

【SKYSTORYキャラクター紹介】ヴァンパイア編

こんにちは。小石のような男です。




今回は、ヴァンパイアのキャラクター紹介させてもらいます。

人造人間ヴァンパイア

吸血鬼を造っている存在を魔人と呼ぶ。13番目に造られた人造人間ヴァンパイアの名前は「サー」です。

前回キャラクター紹介した「フォー」の兄

*「フォー」の記事紹介▼

https://wp.me/pbYvU7-qN

闇に潜み、狙った獲物は逃がさない、冷酷なアサシン。

強靭な肉体と、あらゆる者を見抜く目を持ちます。

力が認められ、魔人から暗殺の任務を受け、日々の仕事を淡々とこなしています。

本来心のないはずのヴァンパイアだが、唯一妹にだけ優しい一面を見せます。




王である「ハルト」とどちらが強いのか?が見どころの1つになっています。

戦いも含め乞うご期待して待っていてください(‘ω’)ノ

カテゴリー
SKYSTORYキャラクター

【SKYSTORYキャラクター紹介】王編

こんににちは。小石のような男です。




今回は、王のキャラクター紹介させてもらいます。

まず王とは?

「ホムニピア」という島の絶対的な王であり、名前は「ハルト」です。

前回キャラクター紹介したホムニピアの王女「アル」の実の兄

*ホムニピアの王女「アル」の記事紹介▼

https://wp.me/pbYvU7-pP

幼少期から力が強く異端児と呼ばれていました。

それは、敵国に捕らえられたが、1人で逃げ出し、何人もの追手を倒してしまうほど。

追っても含め、多くの者を殺してしまったことがトラウマで

それにより大人になった今命について深く考えるようになった。

・自分がやってきたことは間違っていたのだろうか

・世界がどうあるべきか

などを考える真面目な性格。




仲間を守るためにどうすれば?と結論が出ずに迷っていたところ、ある人物に出会い自分なりの答えを見つけ出すことに

誰との出会いがあるのか?どんな答えを導き出すのか?

乞うご期待して待っていてください(‘ω’)ノ

カテゴリー
SKY STORY SKYSTORYキャラクター

【SKYSTORYキャラクター紹介】吸血鬼編

こんにちは。小石のような男です。




今回は、吸血鬼を紹介させてもらいます。

まず吸血鬼の名前ですが、

製造番号No.14番「フォー」です。

製造番号というのが付いている理由は、魔人族に創られた、造人間だからです。

そのことから魂が無く、感情で動くこともあまりありません。

前回のキャラクター紹介したフクロウ少年「ピース・クローズ」

(*ピース・クローズ紹介記事▶https://wp.me/pbYvU7-ov

と出会った頃は、機械のような女の子でした。

ではNo.14 フォーはどんな特技があると思いますか?




正解は、、、

体が丈夫で体力があり、動きが速い。戦闘に適しており、感情が薄く常に冷静な判断をすることができるため、物凄く強い子です。

元の体の持ち主の記憶が残っているかは、分からりません。

ただ、可愛いものが大好きなどの性格的傾向は引き続き存在しています。

これから「ピース・クローズ」と一緒にどんな活躍を見せるのか?どんな困難に出会うのか?

下の動画を見ながら▼乞うご期待して待っていてください(‘ω’)

カテゴリー
SKY STORY SKYSTORYキャラクター

【SKYSTORYキャラクター紹介】お姫様編

こんにちは。小石のような男です。




今回は、お姫様を紹介させてもらいます。

まずお姫様の名前ですが、

青く光る夢の国ホムニピアの王女 「アル」

です。前回キャラクター紹介したニワトリ少年「リード・ベル」

*リード・ベル紹介記事▶https://wp.me/pbYvU7-nn

と出会い、共に世界を冒険する少女です。

ちなみにどんな性格だと思いますか?




おとなしそうな見た目とは裏腹。実は、好奇心旺盛でどんなものにでも興味を持ってしまう積極的な女の子なんです!

なので趣味は、読書。

何もない予定のない日は、本をずっと読んでいるほど。本を読むのが好きで、まさに本の虫です。

誰よりも心優しく、芯が強い「アル」精霊たちに愛される存在。

これから「リード・ベル」と一緒にどんな活躍を見せるのか?どんな困難に出会うのか?

下の動画を見ながら▼乞うご期待して待っていてください(‘ω’)

カテゴリー
SKY STORY SKYSTORYキャラクター

【SKYSTORYキャラクター紹介】ピース・クローズ編

こんにちは。小石のような男です。




以前、主人公「リード・ベル」をご紹介しました。覚えてますか?

リード・ベル 紹介記事▶https://wp.me/pbYvU7-nn

今回は、お待ちかねの「ピース・クローズ」紹介です!

ではまだこちらの動画を見てない方はご覧ください。

いかがだったでしょうか?

それではフクロウ少年ピースクローズ編 突入です。

小石のような男:まず、ピースクローズは、SKYSTORY内で絶対的重要なキャラクターになってきます。

物語の中盤ぐらいに登場予定なのでお楽しみに!

新緑の猿:どんな登場の仕方か楽しみだ!!!

小石のような男:楽しみにしててください。「リード・ベル」とはかなり深い関りがあるんです。

新緑の猿:ライバル関係だと勝手に思ってました!

小石のような男:ライバルに近い、対照的な関係なんだけど、

種族は同じ「ハーフエルフ」

リード君は人の島で育ち、

ピース君は、エルフたちのコミュニティーで育ったんだ。

このように生い立ちは違う二人。

ただ、幼いころにトラウマがあるという点では一緒なんです。

二人ともそういうトラウマを植え付けられたからこそ、

みんな仲良くしたいという気持ちが人一倍強いのです。

という、対紹な二人のハーフエルフについてざっくり紹介させてもらいました。具体的なことについては、また別記事で書きます。

なので、一旦この記事を読んだ皆様のイメージにお任せしたいと思います。




新緑の猿:僕は、ライバル関係の光と闇みたいなイメージだと思っておきます!

小石のような男:5月企画は、終了してしまいましたが、少しでも興味をもってくれたら嬉しい限りです。

そして少し早いですが7月の参加企画は、、




リード君、ピース君のパートナーである姫様、吸血鬼を描こう企画をやろうと思ってます。

もちろん、7月の初めにTwitter、Instagram、ブログにてまた告知させてもらうのと同時に、、、

姫さま、吸血鬼のキャラクター紹介も行ってきますのでそちらもお楽しみに!(^^)!

あなたの明日からの創作活動に、少しでも役に立ちますように願ってます。

カテゴリー
SKY STORY SKYSTORYキャラクター

【SKYSTORYキャラクター紹介】リード・ベル編

こんにちは。小石のような男です。




今回は、5月企画で行ったキャラクターを動画と文章で紹介したいと思い記事の方を書きました!

最後までお付き合いいただけるとよりSKYSTORYの世界を楽しめること間違いなしです!(^^)!

それではまず下の動画をご覧ください。

いかがだったでしょうか?

それでは解説していきますね。

まずニワトリ少年リードベル

フクロウ少年ピ-スクローズ

5月のお絵描き企画でやった2人を紹介していきます。

小石のような男:記事を見ている皆様はどちらが好きとかありますか?

新緑の猿:僕は、主人公感があるリードベルが好きなのでそっちに1票です。

小石のような男:なるほど!じゃあまずリードベルからご紹介させてもらいますね。

新緑の猿:よろしくお願いします。




小石のような男:まず「ハーフエルフ」という種族ということから。リードベルの耳先を見てみてください。

新緑の猿:本当だ!耳とんがってる!

小石のような男:ですよね?

例えば、魔人族、竜人族などなど特徴があります。

そしてリードベルは、耳長族に分類されます。

ただ耳長族は、嫌われています。

過去に人がすごい被害を耳長族から受けているからです。

だからこそ、耳長族は今でも差別を受けているんです。

新緑の猿:なるほど、私たちの世界に似てますね。

小石のような男:そうですね。

次は、リード君が住む島について解説していきます。

「ノア」という島にリード・ベルは、住んでいます。

その中の1つのエリア、ものすごく大きな黄色い葉っぱをつけた木で生まれたとされている。

実の親は、この島で消息不明になってるんです。

新緑の猿:捨てられた子みたいに一人で育ってきたんだね。

いや実一人ではなく、捨てられたリードベルは、アカシアという名の魔法使いに育てられたんだ!

その中で剣術、魔法を教わった。

リード君の幼少期の物語を、

親もいない、ひとりぼっち、

けれど、すぐにひとりぼっちではなくなり、エボルという鳥が、

一緒に生活をして過ごしていくていう風習があるんです。

新緑の猿:たまごを貰えるんですよね!

小石のような男:その通り!その時に受け取ったたまごから生まれた鳥こそ、

空を一緒に飛ぶために与えられる鳥なのに、、、

ニワトリて空飛べない…

しかし、捨てることはもちろんしない。

唯一の友達は、エボルのニワトリの「イルミ」

そして飛べないと言われているニワトリを羽ばたかせた。

奇跡を起こした少年として挫折もありながらも活躍を見せていきます。

気になってきましたか?




このキャラクター気に入ったといってもらえたら幸いです。

では次回の記事ではピース・クローズについてを書きます。そちらもチェックしてもらってどちらのキャラクターが好きか比べてみてください(‘ω’)ノ

あなたの明日からの創作活動に、少しでも役に立ちますように願ってます。