カテゴリー
クリエイター 教育 知識

やらないことを増やす(ミニマムな目標について)

こんにちは。小石のような男です。




皆様は、今年の目標を立てたでしょうか❓

私(小石)は、目標を立てました。力尽きないよう最小限の努力を続けていく所存です。

2022年小石の目標について▶https://wp.me/pbYvU7-Ny

では、なぜ最小限の努力なのでしょうか。

これが今回のテーマでもある、やらないことを増やすことが大事な目標達成になるという話です。

今年の目標を立ててない方も、「○○をやらない」を一つの目標にしてみてはいかがでしょうか?

では詳しく述べていきます。




無駄なものは身近にたくさん(ミニマリスト視点)

・シンプルイズベスト

・ミニマリスト

どちらも聞き覚えのある単語ではないでしょうか。

同じ意味として、不要なものを捨てれば本当に大事なもの、そのものの良さが分かる。という意味です。

例えば目標を立てた人であれば、目標達成のために、

あれも、これもやる必要が出てくる

全てに手を出すが、どれも中途半端になる

中途半端で成果が出ないかつ大変になる

結果、諦めて、やめてしまう

目標を立てても、何をやって、何をやらないかを明確にしないと挫折して終わる可能性が出てきます。

ではどのような気持ちで挑戦していけばいいのかについて述べていきます。




必要以上の努力をしない 継続のコツ

努力をすることは善。

努力しないのは悪。

とみなされることが多い世の中です。

そのため、努力をすることよりも、努力をしないことが、はるかに難しいということをまず知っておきましょう。

努力をすることはもちろん悪いことではありません。

ただ努力は、モチベーションにどうしても左右されます。

やる気がある時は、色々手を付ける。

やる気がない時は全くやらない。

こういう人を見てどう思いますでしょうか。

信用しても大丈夫かな?と少し不安に思ってしまします。

継続している人こそ目標達成ができる、意思が強く、何かを任せられる。信用性にもつながります。

自動化すること、その日の気分に振り回されないこそ継続できる人となります。

やることを増やしすぎないことを1つの目標に、シンプルな目標を心がけてみてはいかがでしょうか。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

コメントを残す