カテゴリー
クリエイター 教育 知識

行動の科学(行動で好意を伝える)

こんにちは。小石のような男です。




今回「小石の庭」で扱う記事は

本記事テーマ

簡単な行動一つで好意を伝えることができる方法

についてです。

相手に言葉ではなく、行動で一番効果的に好意を示す

私も実践している方法を述べていきます。最後までぜひご覧ください。




共通点探し

共通点が多い人とは仲良くなりやすい。

なんとなく感じていることはないでしょうか?

これは自然なことです。

話が盛り上がる、次回につながる(誘うきっかけ)になるといった大きなアドバンテージになります。

多趣味な人の方が、人気になる可能性が高いということは、共通点を作り出せばいいということです。

では前説はここまでで、テーマの核心に迫っていきます。




特別感を出す(相手への興味関心について)

では、相手の興味関心に「好き」に注目してみましょう。

例えば「特定の作家さんが好き」という情報を入手したとします。

会話の中で多くの方は「その作家さんの本ぜひ読んでみるね」と言いつつ、実際に読まずに終わるケースが大半です。

(経験したことがある方もいるかもしれません)

私から言うと、これは非常にもったいないと思ってしまいます。ここで踏み込んだ一歩として、

実践、学習をしてみることです。

特定の作家さんの本を1冊読んでみる。

さらに余裕があれば数冊読んだり、サイン会などに行って実際に作家さんに会ってみてください。

話が盛り上がるのはもちろんのこと、あなたの存在が相手の中で非常に目立ちます。

本記事まとめ

大半は、相手の趣味に興味関心を向けて、行動に移しません。差別化できる大チャンスだとか考え、挑戦してみましょう。

いかがだったでしょうか?

実は、フォロワーさんからオススメされたものを隙間時間を見つけて取り組むことをしています。

単純に、趣味の幅、話題作りもそうですが、フォロワーさんともこれきっかけに仲良くなることもできました。

もし好意を伝えたい方がいれば、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

それでは次回の記事でお会いしましょう👋

小石の作品『SKYSTORY』コンテンツにも遊びに来てね▶http://https://koishiotoko.fanbox.cc/plans

カテゴリー
教育 知識

初心を忘れない(人間関係編)

最近多くのフォロワーさんを含めた大切な人が増えてきた小石のような男です。




皆様にとっての大切な人て誰ですしょうか❓

パートナー、親友、あなたの作品をしっかり見てくれる人。様々だと思います。

前回の記事にて、人の話を聞くことで素晴らしい作品が創れるというテーマを書かせてもらいました。👇

https://wp.me/pbYvU7-AO

この続きで、今回は、

本記事テーマ

大切な人の話こそ真剣に聞く意識を持つ必要がある。

についてです。

親しい人、大切な人の話ならより真剣に聞ける。簡単なことだ。と思われた方。

実は一番難しい理由についてご説明していきます。

最後には、タイトルの意味も分かるかと思います。




バイアスによる効果(思い込みが強くなる)

関係が近ければ近いほど、思い込みが強くなります。

心理学用語では、「近接コミュニケーション・バイアス」と呼ばれています。

親密な関係=お互いのことを深く知っている。

という勘違いが起こることが原因です。

つきあいが長くなると、相手のことをよく知っているから大丈夫。と無意識に思いこみ、お互いに相手への好奇心を失いがちになります。

こうなってしまうと、大切な人の話に真剣に耳を傾けるのが困難になってしまいます。

必ずしも思いやりがないとかではなく、相手のことを知っているから話を聞かなくても大丈夫。

と錯覚、思い込みが強くなるのです。




良好な関係性を築く(永久なものへ)

本当にあなたは、大切な人のことをよく知っているのでしょうか?

考えてみて下さい。

出会った日と同じ人間なんかいません。日々考えは変化していきます。

最近親しい人、大切な人、パートナーとの会話がしっかり聞けてなかった。

とこの記事を見て思った方。もう一度出会ったころのように真剣に聞いてみるのはどうでしょう。

本記事まとめ

相手のことをよく知らないから知りたい。と思い続けることこそ親密な関係を続けられる。

こういった体験こそ、きっとあなたの制作活動の助けにどこかで繋がると思います。

それでは次回の記事でお会いしましょう👋