カテゴリー
クリエイター 教育 未分類 知識

継続するために私たちができること

こんにちは。小石のような男です。




創作活動において、一日だけで何かを成し遂げることは難しいです。

そのため、自分が行っている活動を継続的に打ち込む必要があります。

しかしどうでしょう?

何年、何十年と人生かけて打ち込む必要がある場合、自分の心情や周りの環境が変わってきます。

金銭面、健康、家族など様々な外的要因で続けることが困難になってくる可能性もあります。

そこで今回は、継続出来る体制をしっかり作っていこうというテーマです。

*作品創りを死ぬまで続ける理由についてはこちらの記事で語っています▶https://wp.me/pbYvU7-I7




継続のコツ:時間配分が大きなカギ

人生の核、時間を消費するものを分類するなら

学習、仕事、余暇、生活(家事、子育て、睡眠など)

主として大きく4つに分けれます。

(学生であれば、仕事を除く)

この4つの配分を誤ると、継続が困難になることを覚えておきましょう。

理由は、どれか不足すると問題が生じ、継続を断念せざる負えないからです。




不安が邪魔をするトンネリング効果について

トンネリング効果とは?

重要な資源が枯渇していると、その不安に思考を支配されて直近のことしか考えられなくなる。

頭の処理が目先の問題で手いっぱい。状態ということです。

問題が起こる理由として時間配分を間違えている可能性があります。だからこそ目先の考えられる問題を先回りして潰しておきましょう。

例えば、健康状態

仕事が忙しすぎて食生活、睡眠がとれていない状態が続けば病気になる可能性が上がる。→継続が困難となる

これは仕事に時間を振りすぎている結果から起きた問題でしょう。

一例にすぎないが、好ましくない状況、事態が起きたときにすぐに窮地に陥らないこと。

将来も継続できるような体制、予防を盤石におきましょう。

そのために時間配分を間違えないことが先決です。

コメントを残す